google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 浜田昌良君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール


(以下、ウキペディア引用)

浜田 昌良(はまだ まさよし、1957年2月28日 - )は、日本の政治家。公明党所属の参議院議員(3期)。元復興副大臣(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣・第4次安倍第1次改造内閣)。


経歴

伝記の記載を年譜形式のみとすることは推奨されていません。人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。(2016年7月)

1957年2月28日 - 大阪府大阪市天王寺区に生まれる[1]。

大阪市立真田山小学校、横浜市立大綱中学校、神奈川県立横浜翠嵐高等学校卒業。

1979年 - 京都大学工学部建築学科卒業。

1980年 - 京都大学大学院修士課程中退。

通商産業省(現:経済産業省)に入省。生物化学産業課長などを歴任。

2003年 - 経済産業省を退職。

2004年7月11日 - 第20回参議院議員通常選挙に全国比例区で公明党から立候補し、得票数党内7位(33,310票)で初当選。

2006年 - 第1次安倍内閣で外務大臣政務官に任命される。

2010年7月11日 - 第22回参議院議員通常選挙に全国比例区で公明党から立候補し、得票数党内5位(503,177票)で再選。

2012年12月 - 第2次安倍内閣で復興副大臣に任命される。

2014年9月3日、第2次安倍改造内閣で復興副大臣に再任。

2016年7月10日 - 第24回参議院議員通常選挙に全国比例区で公明党から立候補し、得票数党内6位(388,473票)で3選。

2017年9月27日 - 長沢広明の辞任に伴い、第3次安倍第3次改造内閣で再び復興副大臣に任命される。

政策

医療体制の強化[2]。

育児と介護のしくみの整備[2]。

環境・観光産業の強化[2]。

福祉産業の強化[2]。

都市型農林水産業の推進[2]。

生涯にわたる個性と意欲を活かす教育[2]。

選択的夫婦別姓制度に賛成[3]。

活動

2008年11月5日、アフガニスタンの現状と空爆について審議する参議院・外交防衛委員の一人として、参考人として呼ばれていた中村哲医師に対して質問を行った[注釈 1]。

2011年、ODA削減案に反対する超党派連合のメンバーとして名を連ねた[5][6]。

主な所属議員連盟

北京オリンピックを支援する議員の会

日朝国交正常化推進議員連盟

現在の役職

参議院

文教科学委員会委員

東日本大震災復興特別委員会委員

公明党

参議院議員団政策審議会長

市民活動局長

神奈川県本部県民運動副委員長

過去の役職

内閣

外務大臣政務官(第1次安倍内閣)

復興副大臣(第2次安倍内閣・第2次安倍改造内閣・第3次安倍内閣、第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣・第4次安倍第1次改造内閣)

参議院

法務委員会委員

北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会委員

厚生労働委員会委員

災害対策特別委員会委員

経済・産業・雇用に関する特別調査会理事

経済産業委員会委員

東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会理事

公明党

外交部会副部会長

安全保障部会長

市民活動局次長

団体局長

神奈川県本部副代表

人物

家族構成は、妻と2男1女の5人家族[1]。

趣味は映画観賞。印象に残っている作品は「幸福の黄色いハンカチ」。お気に入りのアーティストは小田和正[1]。




コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page