google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 浜口誠君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール


(以下、ウキペディア引用)

濱口 誠(はまぐち まこと、1965年5月18日 - )は、日本の政治家。国民民主党所属の参議院議員(1期)。自動車総連の組織内議員。


経歴

三重県松阪市生まれ[1]。両親は漁業を営んでいた[2]。1988年、筑波大学卒業、トヨタ自動車に入社[1]。


1996年、全トヨタ労連の専従職員となる[1]。


2015年、自動車総連特別中央執行委員に就任[1]。


2016年、引退を表明した直嶋正行の後継候補として参議院比例区に民進党公認で出馬し、党内順位2位で当選(個人得票266,623票)[3]。


2017年10月27日、民進党代表の前原誠司が、同月の衆院選で党を分裂させる形で戦う原因をつくったことについて陳謝し、引責辞任を正式に表明[4]。前原の辞任に伴う代表選挙(10月31日実施)では大塚耕平の推薦人に名を連ねた。


2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加[5]。5月8日、国民民主党の組織委員長代理に就任した[6]。


2020年9月1日、産業別労働組合の支援を受ける国民民主党の濱口誠(自動車総連)、古本伸一郎(同)、礒崎哲史(同)、浅野哲(電機連合)、矢田稚子(同)、小林正夫(電力総連)、浜野喜史(同)、川合孝典(UAゼンセン)、田村麻美(同)ら組織内国会議員9人は、立憲民主党と国民民主党が合流する新党に参加しないと決めた[7]。9月7日、玉木雄一郎を中心とする(新)国民民主党に加わる国会議員の募集が締め切られる。同党には矢田、浅野、小林、浜野の4人が参加し、濱口は無所属で活動することとなった[8]。


2021年3月24日、磯崎哲史、田村麻美と共に(新)国民民主党へ入党した[9]。


政策

安全保障関連法は廃止すべき[10]。

憲法改正に反対[10]。

憲法9条の改正に反対[10]。

政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に対し、電波停止を命じる可能性に言及した高市早苗総務相の姿は問題だ[10]。

来年4月の消費税率10%への引き上げについて、法改正し、引き上げを延期または中止すべきだ[10]。

安倍政権の経済政策「アベノミクス」の恩恵は、地方や中小企業に及んでいるとは思わない[10]。

環太平洋パートナーシップ協定に反対[10]。

原発は当面は必要だが、将来的に廃止すべき[10]。

核武装について、将来にわたって検討すべきでない[10]。

受動喫煙防止を目的とした健康増進法改正について、原則屋内禁煙に賛成。2018年7月4日の参院本会議では、非喫煙者の多数が飲食店や職場などで受動喫煙にあっている実態を紹介し、受動喫煙のない日本社会を作り上げていくことを呼び掛けた[11]。




コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事