google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 武見敬三君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール


(以下、ウキペディア引用)

武見 敬三(たけみ けいぞう、1951年〈昭和26年〉11月5日 - )は、日本の政治家、元ニュースキャスター、国際政治学者。自由民主党所属の参議院議員(5期)、WHO親善大使。


厚生労働副大臣、参議院外交防衛委員長、自由民主党参議院政策審議会長を歴任。  


学歴は慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士後期課程満期退学。学位は法学修士(慶應義塾大学)。元日蓮宗檀信徒協議会副会長(現在は顧問)。


海洋基本法の制定に尽力した[1][2][3]他、自殺対策基本法、JICA改革など多くの議員立法・行政改革に携わった。 その評価は国際的にも高く[4][5]、様々な国際的専門家会議に招聘されており[6]、2019年には保健問題に関する実質的な活動を担うことを期待されWHO(世界保健機関)の親善大使に就任した[7]。国際的なトップ医学誌であるランセットは武見を「カリスマ(catalytic charisma)」と評し特集している[8]。保健政策に関わる国際的なこれらの活動は、日本の外交力を強化するものとして評価されている[9][10]。



父は日本医師会の会長を務めた武見太郎。麻生グループ代表麻生泰(麻生太郎衆議院議員の弟)の妻である和子は姉であり、武見自身麻生太郎とは母方のはとこにあたる。大久保利通、牧野伸顕らの子孫。


来歴

Question book-4.svg

この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。

出典検索?: "武見敬三" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2015年12月)

松濤幼稚園、慶應義塾幼稚舎、慶應義塾普通部、慶應義塾高等学校を経て、1974年(昭和49年)3月に慶應義塾大学法学部政治学科卒業、その後、同大学院法学研究科政治学専攻修士課程に入学、1976年修了。1980年(昭和55年)に同大学院法学研究科政治学専攻博士課程単位取得満期退学[11]。


学生時代はラグビー部に属していた。東海大学政治経済学部助手、講師、助教授を経て、1995年(平成7年)に東海大学教授。専攻は国際政治学。米国の東アジア政策などについての論文が多い。途中台湾師範大学大学院・ハーバード大学大学院にて在外研究。


1987年(昭和62年)10月から1988年(昭和63年)10月までテレビ朝日「モーニングショー」のメイン司会者。1980年代には「CNNデイウォッチ」、1990年代には「CNNデイブレイク」のキャスター。1995年(平成7年)の第17回参議院議員通常選挙で初当選し、2001年に再選。日本医師連盟の推薦候補だが本人に医師免許はなく、知名度と政治学者としての専門を生かし、議員としても国際関係の討論番組などに盛んに出演していた。


2002年(平成14年)3月7日、喫煙による健康被害を防ぐため禁煙の必要性を主張する、超党派の国会議員で構成される禁煙推進議員連盟の設立発起人の一人となる。


2006年(平成18年)9月発足の安倍内閣で厚生労働副大臣(雇用対策や児童、家庭対策などの担当[12])。厚生労働副大臣でありながら、自身がメタボリックシンドロームになっていたことが判明し自身のリハビリ経験をホームページで公開した。


任期満了に伴い2007年(平成19年)7月29日に行われた第21回参議院議員通常選挙で三選を目指し比例代表区から立候補したが、自民党への逆風の煽りを受けて18万5千票を集めるものの35名中15位(当選者14名)で次点で落選する。


2007年(平成19年)11月、米国ハーバード大学医療財政研究所に客員研究員として就任。2008年(平成20年)、長崎大学客員教授。2012年(平成24年)、身延山大学客員教授に就任。同年11月30日、上位当選者の義家弘介が12月4日公示の第46回衆議院議員総選挙への立候補を理由に参議院議員を辞職[13]し、繰り上げ当選で5年ぶりに国政復帰した[14][15]。


2013年(平成25年)、第23回参議院議員通常選挙東京都選挙区の自民党公認候補に内定する[16]。同年7月、第23回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から立候補し、再選[17]。


2017年(平成29年)、参議院自民党政策審議会長(衆議院側の政調会長に該当する)に就任、参議院の政策立案を牽引する[18]。政審会長として包括的な政策の検証を行うとともに長期的な観点から日本の在り方の方向性を議論した「国家ビジョン」を取りまとめた[19]。この内容は「参議院自民党『内政・外交国家ビジョンセミナー(JAPAN VISIONS)』」としてニコニコ動画でも特集された[20]。


2019年(令和元年)、世界保健機関ユニバーサルヘルスカバレッジ親善大使に就任する[21]。


2019年7月21日投開票の第25回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から立候補し、6位(定数6)で当選。


活動

海洋基本法に関する活動

東シナ海における中国の調査船問題などの海洋安全保障上の問題、排他的経済水域・大陸棚などの海域をめぐる政策課題に対応するため、2006年4月、超党派の政治家と有識者からなる海洋基本法研究会(代表世話人:武見敬三)を設立[22]。2007年の海洋基本法成立に尽力した[2]。


その後も「EEZ(排他的経済水域)を守るための国家の意志を強化する必要があり、覚悟を決めた対応が必要となる。大局的な視点を持った政治家的アプローチが今求められている」と述べて[23]個別的利害対立を超えた総合的対応の必要性を訴え、2013年の新・海洋基本計画制定に尽力するとともに自民党海洋戦略小委員会の委員長として継続的な政策の実現をリードした。海底鉱物資源開発、海洋の安全保障、排他的経済水域の開発・利用・保全、海洋産業の育成などが重要な課題であるとしている[24]。


自殺対策基本法に関する活動

2006年、自殺者数が多い日本の深刻な状況に対処するため、「自殺対策を考える議員有志の会」で中心的役割を果たし、議員立法の立役者として党派を超え自殺対策基本法の成立に尽力した[25][26]。


日本の自殺者数は1997年から98年にかけ急増し毎年3万人を上回る状況が続いていたが、政府内の担当部署も曖昧で、自治体を含め政府の戦略もない状況だった[27]。この状況を受け武見ら厚労委のメンバーを中心に超党派の参院議員の動きが活発化[28]、有志議員と民間が連携した立法活動が実り自殺対策基本法が成立した[29]。同法は社会的な取り組みとして自殺対策を国や地方公共団体の責任と規定しており、内閣府への「自殺総合対策会議」の設置や民間団体との連携なども盛り込み、国を挙げて総合的な自殺対策に取り組む契機となった[30]。その後も継続的に自殺対策に尽力、2019年には「自殺対策の総合的かつ効果的な実施に資するための調査研究及びその成果の活用等の推進に関する法律案」が成立した[31]。


世界保健機関(WHO)のユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)親善大使としての活動

2019年、長年にわたるグローバルヘルス分野での貢献、なかでも「誰一人残さない持続可能な保健医療制度の確立を目指す」UHCの推進を世界的に主導したことが国際的に高く評価され[32]、マイケル・ブルームバーグらとならび、世界で10人の世界保健機関親善大使に任命された[33]。


WHOテドロス事務局長は委嘱の辞において、これまでのグローバルヘルスにおける功績を称えるとともに、「UHC達成に向けて日本のリーダーシップは重要であり、日本の政治家および学者の立場からも発信できる武見議員の今後の親善大使としての活躍に大いに期待する」と述べた[34]。


グローバル・ヘルスに関する活動

2007年11月より、アメリカ合衆国ハーバード大学公衆大学院及び日米関係プログラムの客員研究員として渡米し、ハーバード大学を拠点としてエイズ等感染症、母子保健、乳児死亡率の改善等、国際社会の喫緊の課題を内容とする「 Global Health(グローバルヘルス)」を研究テーマに各国で論文発表、国際会議に参加した。2009年7月に日本へ帰国[要出典]。


2008年の、G8北海道洞爺湖サミット・フォローアップ「保健システム強化に向けたグローバル・アクションに関する国際会議」の後、国際タスクフォースの主査として「保健システム強化に向けたグローバル・アクション G8への提言」を発表した[要出典]。


2011年には、世界的医学雑誌ランセットの日本特集号国内実行委員会委員長として、『ランセット』日本特集号「国民皆保険達成から50年」を発表した。2012年には、48年ぶりに日本で開催された、国際通貨基金(IMF)・世界銀行(WB)年次総会の正式行事である、プログラム・オブ・セミナーにて、世界銀行及び財務省より依頼を受け、ユニバーサル・ヘルス・カバレージ(適切な医療サービスの伴う国民皆保険制度)に関する、セッションのマスター・オブ・セレモニー及びパネリストを務めた[要出典]。


2016年より、外交専門誌『外交』に「開発と安全保障をつなぐ日本のグローバルヘルス戦略」[35](2016年)、「国際保健外交の現状と日本の役割」[36](2017年)等を発表。グローバル・ヘルスワーキンググループの委員長も務めた[37]。


福島健康管理調査に関する活動

2012年3月1日に福島県民健康管理調査で世界の英知を結集する必要があるとともに、世界に向けて情報を発信していく必要があるとして福島県立医科大学に国際連携部門が設立され[38]、山下俊一福島県立医科大学副学長からの客員教授就任の依頼を受けて[39]同年に福島県立医科大学客員教授に就任した[40]。


経歴

1951年 元世界医師会会長・日本医師会会長の武見太郎の三男として生まれる。

1957年 慶應義塾幼稚舎に入学。

幼稚舎5年生よりラグビー部に所属

東京都6中学リーグ戦優勝

全国高校ラグビー大会第三位(夢の花園ラグビー場)

全国学生ラグビー選手権大会第三位(レギュラー選手)

1974年 慶應義塾大学 法学部政治学科 卒業

1976年 慶應義塾大学大学院 法学研究科政治学専攻 修士課程修了

1976年 台湾師範大学国語中心に留学。

1977年 ハーバード大学 フェアーバンクス記念東アジア研究所 客員研究員

1980年 慶應義塾大学大学院 法学研究科政治学専攻 博士課程満期退学

東海大学 政治経済学部政治学科 助手

1983年 東海大学 政治経済学部政治学科 専任講師

1984年 テレビ番組「CNNデイ・ウォッチ」で約3年間アンカーマンを務める。

1987年 テレビ朝日の「モーニングショー」のメインキャスターとして、総合司会を務める。

1987年 東海大学 政治経済学部政治学科 助教授

1992年 ハーバード大学 フェアーバンクス記念東アジア研究所 客員研究員

1995年 東海大学 教授となり、日本医師連盟の推薦のもと参議院議員初当選。

1996年 東海大学 平和戦略国際研究所 次長

2001年 参議院二期目再選(議員期間中は外務政務次官を初めに厚生労働副大臣まで複数の役職を担う)

2006年 国連事務総長下ハイレベル委員会委員に就任。

2007年 日本医師会総合政策研究機構 特別研究員

ハーバード大学公衆衛生大学院及び日米関係プログラム 客員研究員に就任。渡米。

2008年 日本国際交流センター シニアフェロー (Senior Fellow, Japan Center for Int’l Exchange)

長崎大学医学部 客員教授

2009年 世界保健機関(WHO)研究開発資金専門家委員会委員に就任。

2012年 国連母子保健ハイレベル委員会委員に就任。

2012年 身延山大学 客員教授

福島医科大学 客員教授

2013年 参議院再選

2014年 慶應大学医学部客員教授[41]

2017年 参議院自民党政策審議会長[42]

2019年 WHO ユニバーサルヘルスカバレッジ 親善大使[43]

政策・主張

選択的夫婦別姓導入への賛否について「どちらとも言えない」としている[44]。

日米安保体制はもっと強化すべきとしている[44]。

「他国から攻撃が予想される場合は先制攻撃をためらうべきではない」という設問に対し、「どちらかと言えば賛成」と回答[44]。

憲法9条を改正して自衛隊の役割や限界を明記すべき[45]。

集団的自衛権を行使できるよう憲法解釈を変更するべき[45]。

日本の原発について当面は必要だが、将来的に廃止すべき[45]。

主な所属議員連盟

東京オリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止法を実現する議員連盟(副会長)[46]

日本の領土を守るため行動する議員連盟

海事振興連盟

日華議員懇談会

世界銀行国会議員連盟

賃貸住宅対策議員連盟

国民歯科問題議員連盟

ポリオ根絶議員連盟

自由民主党タクシーハイヤー議員連盟

日本に誇れる漢方を推進する議員連盟

栄養士議員連盟



コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事