google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 橋本聖子君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

橋本 聖子(はしもと せいこ、1964年〈昭和39年〉10月5日 - )は、日本の政治家、元スピードスケート・自転車競技選手。参議院議員(5期)、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長[1]。戸籍名は、石﨑 聖子(いしざき せいこ)。


スピードスケートおよび自転車競技でオリンピック日本代表として出場。アルベールビル冬季オリンピックスピードスケート女子1500m銅メダル。東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣、女性活躍担当大臣、内閣府特命担当大臣(男女共同参画)、自由民主党参議院議員会長、公益財団法人日本スケート連盟会長、公益財団法人日本自転車競技連盟会長、公益財団法人日本オリンピック委員会副会長を歴任した。


略歴

北海道勇払郡早来町(現:安平町)の牧場で生まれ育つ[2]。祖父母は開拓者で、父方は宮城県三本木町から、母方は奈良県十津川村から入植した[2]。4人兄弟の末子。


父親の方針で3歳でスケート開始。小学3年の時、腎臓病にかかり、2か月間入院。2年間スポーツを禁止される[3]。


中学3年の時、全日本選手権を初制覇の後、駒澤大学附属苫小牧高等学校に入学。全日本スプリント、全日本選手権で優勝。以後、10年間にわたって全日本選手権を制覇。高校1年で世界選手権の日本代表に史上最年少で選ばれる[4]。


原因不明の呼吸器系の病気にかかり生死の境をさまようが、後に全日本選手権で「4種目完全制覇」を達成。


1983年、高校卒業後、富士急行株式会社へ入社。1994年、富士急行株式会社退社。


30歳のときに自由民主党の当時の幹事長だった森喜朗から「参議院議員に出馬をしないか」とすすめられる[2]。1995年、第17回参議院議員通常選挙の比例区に自民党から立候補し初当選。


国会議員とスポーツ選手の二足のわらじを履く。日中は議員活動、早朝、深夜にトレーニングを行う[2]。午前3時に起きて自転車に乗り、昼間に国会議員としての活動をして、夜9時すぎから2時間のウエイトトレーニングという日課を繰り返し、土日の地方講演には自転車で移動をするなどして練習に充てていた。


1996年、現職国会議員としてアトランタオリンピックの自転車競技2種目に出場するも、12位と9位に終わる。この経験はスポーツの振興や人材育成に取り組む上で大きな財産になった[2]。現役スポーツ選手続行の体力があると自負していたものの、国会議員としてのオリンピック出場が政界とスポーツ界の両方から批判をされたことを理由に「両方の世界を傷つけた」としてスポーツ選手としての現役引退を決意する[5]


1998年、一般人の男性(警察官)と結婚。


2000年8月、園田天光光以来51年ぶり、現役国会議員として2人目、参議院議員としては初の出産。これに先立ち、妊娠判明後の同年3月、出産による本会議欠席を認める参議院規則改正が行われ、事実上、国会議員の産休が制度化する。橋本は直前まで議員活動をし、入院後2時間で初の出産。


2015年、フランス共和国国家功労勲章シュヴァリエを受章[6]。


役職

1995年7月 - 第17回参議院議員通常選挙に比例区から立候補、初当選。

2000年7月 - 北海道開発総括政務次官就任。

2001年

7月 - 第19回参議院議員通常選挙に比例区から立候補、当選(2期目)

8月 - 参議院文教科学委員長就任。

2003年9月 - 自由民主党副幹事長就任。

2004年9月 - 自由民主党副幹事長退任。

2005年9月 - 自由民主党女性局長。

2006年6月18日 - 日本スケート連盟会長。

2007年7月 - 第21回参議院議員通常選挙に比例区から立候補、当選(3期目)

北海道トライアスロン連合会長/トライアスロン議員連盟 幹事長

2007年9月 - 2007年自由民主党総裁選挙で、立候補者・福田康夫元内閣官房長官の推薦人代表となる。

2008年9月 - 麻生内閣で外務副大臣に就任。

2012年12月 - 第2次安倍内閣で自民党参議院政策審議会長に就任。

2013年7月 - 第23回参議院議員通常選挙で比例区から立候補、当選(4期目)

2016年7月 - 自民党参議院議員会長に就任[7]。女性として初の自民党参議院議員会長であると同時に、就任の時点において閣僚経験のない初の自民党参議院議員会長である(現行憲法下での閣僚経験のない自民党参院議員会長としては野村吉三郎(第2代自民党参議院議員会長)以来およそ60年ぶりであった)。

2019年7月 - 第25回参議院議員通常選挙で比例区から立候補、当選(5期目)

2019年7月 - 自民党参議院議員会長を退任

2019年9月 - 第4次安倍第2次改造内閣で東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当、女性活躍担当、内閣府特命担当大臣(男女共同参画)として初入閣。

2020年9月 - 菅義偉内閣でも東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当、女性活躍担当、内閣府特命担当大臣(男女共同参画)再任。内閣総理大臣臨時代理就任順位第5位に指定された[8]。

2021年2月18日 - 内閣府特命担当大臣を辞任し(後任には丸川珠代が入閣し就任)[9] [10]、同日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長に就任(女性蔑視発言を受けて辞任した森喜朗元首相の後任として)[11]。19日に会長就任に伴い政治的公平性を期すため自由民主党に離党届を提出。22日に受理された。

選挙歴

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位

/候補者数 比例区 比例順位

/候補者数

当 第17回参議院議員通常選挙 1995年7月23日 比例区 自由民主党 ' ' ' - 第13位

当 第19回参議院議員通常選挙 2001年7月29日 比例区 自由民主党 265,545 ' 6/27 - -

当 第21回参議院議員通常選挙 2007年7月29日 比例区 自由民主党 221,361 3.7 11/35 - -

当 第23回参議院議員通常選挙 2013年7月21日 比例区 自由民主党 279,952 6.4 5/29 - -

当 第25回参議院議員通常選挙 2019年7月21日 比例区 自由民主党 225,617 4.5 8/33 - -

当選回数5回 (参議院議員5)

スポーツ活動

オリンピック

オリンピック

日本の旗 日本

女子 スピードスケート

銅 1992 アルベールビル 女子 1500 m

1984年、サラエボ冬季オリンピック出場。当時スピードスケート女子全種目の4種目に出場したが、いずれも8位以内(入賞)には届かなかった(500m11位、1000m12位、1500m15位、3000m19位)。

1988年、カルガリー冬季オリンピックではスピードスケート女子全種目の5種目に出場し、全ての種目で日本記録を更新の上、入賞を果たす(500m5位、1000m5位、1500m6位、3000m7位、5000m6位)。但し3000mでは、同走の選手にクロッシングゾーンで本来譲られるべき走路(ほぼ同走時にはアウトからインに入るコースの選手が優先権)を、邪魔されてしまうアクシデントがあった(その同走選手は走路妨害を取られて失格)。さらに最後の出場種目だった5000mでは、レース終盤に苦悶の表情ながらも懸命に滑り続け、そして最後は完全に力尽きてしまい転倒してのゴールとなった(後に橋本本人は「あのゴール直後の転倒は私自身非常に恥ずかしく、スケート人生の中で一番悔いの残るレースだった」と語っている[12])。

同1988年、ソウル夏季オリンピックに自転車の代表選手として出場した。このため、関ナツエとともに、日本人として男女を通して史上初めて冬・夏両方のオリンピックに出場した[13]

1989年、世界オールラウンドスピードスケート選手権大会において、500m優勝を含む日本人初の総合銀メダル。

1992年のアルベールビル冬季オリンピックも女子スピードスケート全5種目出場。女子1500mでの橋本は、序盤から中盤まで積極的に飛ばし続け、終盤ラップタイムが落ちたものの屋外リンク自己記録の2分6秒88をマーク。結果3位入賞を果たし、日本人女性としては史上初となる冬季オリンピックで銅メダルを獲得する快挙を達成した[14]。1000mは5位入賞だった(他500m12位、3000m12位、5000m9位)。

1992年バルセロナオリンピック出場(自転車競技)。女子3000m個人追抜で11位。

1994年、リレハンメル冬季オリンピック出場。日本選手団の主将を務め、女子スピードスケートでは500mを除く4種目に出場。特に3000mでは、600m付近で当時世界記録保持者のグンダ・ニーマンの転倒に巻き込まれ、橋本自らも転んでしまい左肘と左脇腹に打撲傷を負うハプニングがあった。その後橋本の再レースが認められ、約1時間経過後の再レースでは当時の日本新記録となる6位入賞を果たした。5000mでも8位入賞だった(他1500m9位、1000m21位)。

1996年アトランタオリンピック出場(自転車競技)。女子3000m個人追抜で12位、女子2万4000mポイントレースで9位。

合計7回(冬季大会4回・夏季大会3回)のオリンピック出場は日本女子最多記録である(世界最多記録は9回出場のニノ・サルクヴァゼが保有)。


引退後

現役引退後は後進の指導に当たる。個人の芸能マネジメント事務所「セイコ・ハシモト・インターナショナル(SHI)」を設立し、代表取締役に就任[15]。


2006年7月1日付けで日本スケート連盟会長に就任する。また、日本オリンピアンズ協会の理事も務めている。

2008年10月30日、麻生内閣発足に際して外務副大臣に就任したため日本スケート連盟会長職を休職した。これは国務大臣・副大臣・大臣政務官については「公益法人その他これに類する諸団体については、報酬のない名誉職等を除き、その役職員を兼職してはならない。」とする「国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範」の規定によるものである。2009年9月16日、内閣総辞職に伴い外務副大臣を退任したため、日本スケート連盟会長職に復帰した。

2009年11月17日、日本オリンピック委員会理事に就任し、バンクーバー冬季五輪選手団長となる[16]。2012年、ロンドン夏季オリンピック選手団副団長。2013年には、日本オリンピック委員会常務理事となり[17]、女性として初めて、日本オリンピック委員会選手強化本部長を兼務[18]。2014年、ソチ冬季オリンピック選手団長となる。2015年、リオ夏季オリンピック選手団長となる[19]。2017年、日本オリンピック委員会副会長に就任[20]。

2009年12月21日、日本女子プロ野球機構名誉顧問に就任。

2010年、国会開会中ながらバンクーバーオリンピックに日本選手団の団長として参加。女性として初めてオリンピック日本選手団団長となった。スノーボード男子ハーフパイプ出場の國母和宏の服装問題で出場辞退の話が浮上した際には、団長として國母に開会式への出席辞退と謝罪会見をさせた上で競技には出場させるという裁定を下した。

2012年12月には日本自転車競技連盟の会長に就任。2008年から東京都自転車競技連盟の会長に就任していた。

2012年より、日本ハンドボール協会顧問[21]を務め、副会長に就任。

2012年に発覚した柔道全日本女子の園田隆二監督及びコーチらの女子柔道強化選手への暴力問題に関する、日本オリンピック委員会「緊急調査対策プロジェクト」メンバーを勤める。2013年2月6日自民党参議院議員総会において、暴力問題を告発した15名の強化選手について「プライバシーを守ってもらいながらヒアリングをしてもらいたいというのは、決していいことでない」「あまりにも選手のプライバシーを守ろうとする観点から、15人の選手が表に出ていないことをどう判断するか。非常に大きな問題だ」と語った[22][23]。これが、告発に対する否定的な見解として問題化したため、後に「公表しないことに厳しい意見もあることから、どういう方法で選手を守り、経緯や事実を明らかにするか検討すべきという考えだ」と釈明するコメントを出した[24]。また、2013年、全日本柔道連盟外部理事に就任[25]。

2013年1月、日本自転車競技連盟会長に就任[26]。

2015年10月、全日本スキー連盟理事に就任[27][28]。

2017年6月、日本ライフル射撃協会副会長に就任[29]。

2017年7月、日本ホッケー協会副会長に就任[30]。

その他、前述の通り父が馬主であったことから、日本競馬にも幼き頃より造詣があり、自由民主党の競馬推進議員連盟の会長にも就いている[31]。


受賞歴

1985年 北海道民栄誉賞

1986年 エイボン女性スポーツ賞

1988年 山梨県民栄誉賞

1988年 北海道新聞スポーツ賞

1989年 朝日体育賞

1989年 日本ユネスコフェアプレー賞

1994年 文部大臣賞

2021年 五輪オーダー功労章金章[32]

政策・政治活動

2007年12月7日に「南京の真実を検証する国民の集い」にメッセージを送った[33]。

2007年の第16回統一地方選挙においては自民党道連会長として、リレハンメル五輪で銅メダルを獲得したスピードスケート選手・堀井学に北海道議会議員選挙への出馬を要請した(登別市選挙区から立候補した堀井は当選)[要出典]。

2001年の時点では選択的夫婦別姓制度には反対していた[34]。2019年の調査では「どちらとも言えない」としていた[35]。2020年10月9日の記者会見で、男女共同参画担当相として、「国民がどう望んでいるのか前向きに検討することは、非常に前進だと感じてもらえる」として、選択的夫婦別姓の導入に向けた議論に取り組む姿勢を示した[36]。

2012年、ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件を契機に改正された銃刀法の所持項目等を高校生射撃部員を増やすため緩めたい意向を明らかにした[37]。

憲法9条の改正に賛成し、自衛隊を他国同様の「国防軍」にすべき(2013年毎日新聞アンケート)。

日本の核武装について、国際情勢によっては武装すべき(同上)。

首相や閣僚の靖国神社参拝は問題ないとしている(同上)[38]。

2020年、男女共同参画担当大臣として、性犯罪者へのGPS機器の装着義務化等を検討する政府の方針を発表した[39]。

エピソード

1964年東京オリンピックの直前に生まれ、聖火にちなんで「聖子」と名付けられた[40]。このことから、後にマスコミで「五輪の申し子」と呼ばれる[41]。

オリンピック出場7回は女子として日本最多記録である[42][43]。

幼少期から慢性腎炎や呼吸筋不全症、B型肝炎などの疾患を抱えている[2]。ライフワークは「スポーツ文化をキーワードに健康寿命を延伸させ、余暇を充実させ誰もが心豊かに生きることができる環境づくり」である[2]。

家族・親族

実家は養牛で知られ、父の善吉はマルゼン橋本牧場を経営し「牛のハシモト」として知られた牛の仲買商。後にサラブレッドのJRA顕彰馬マルゼンスキーのオーナーとしても知られる。母方の大叔父には新十津川村長、衆議院議員を務めた松実喜代太がいる[2]。衆議院議員を務めた高橋辰夫は義理の兄(姉の夫)である[2]。現在、三男三女あり(実子3人。夫と、死別した前妻との子供3人)。現在は千葉県在住。


支援団体

宗教法人曹洞宗およびMOA(明るい社会をつくる会)の支援を受けている[44]。

所属団体・議員連盟

ボーイスカウト振興国会議員連盟(理事)

日本会議国会議員懇談会(幹事)[45]

親学推進議員連盟

北京オリンピックを支援する議員の会

TPP交渉における国益を守り抜く会

著書

「聖火に恋して」(日刊スポーツ出版社、東京、1995年2月 ISBN 978-4-81720138-6


コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page