google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 梅村聡君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

梅村 聡(うめむら さとし、1975年2月13日 - )は、日本の政治家、医師。日本維新の会所属の参議院議員(2期)。


厚生労働大臣政務官(野田第3次改造内閣)を歴任。


来歴

大阪府堺市生まれ、大阪市淀川区十三育ち。十三幼稚園、大阪市立神津小学校、大阪教育大学附属池田中学校、大阪教育大学附属高等学校池田校舎、大阪大学医学部卒業。阪大医学部の同期に同級生に産婦人科医の宋美玄[1] がいる。大学時代は水泳部に在籍していた。


2001年に医師免許を取得し、大阪大学医学部附属病院で勤務した。2002年、箕面市立病院内科に転勤。2004年、大阪大学大学院医学系研究科入学。日本内科学会認定内科医を取得。


2007年7月の第21回参議院議員通常選挙に民主党公認で大阪府選挙区から出馬し、1,281,502票を獲得し初当選した(この選挙で梅村が獲得した票数は、同選挙区で過去最多だった1998年の第18回参議院議員通常選挙で西川きよしが獲得した1,057,393票を上回り、最多となった)。2012年10月、野田第3次改造内閣で厚生労働大臣政務官に就任。生活保護制度改革に取り組んだ。


2013年7月の第23回参議院議員通常選挙に民主党公認で大阪府選挙区から出馬するが、337,378票で次点となり落選した。2013年9月29日、民主党に離党届を提出した[2]。2015年、よどがわ内科クリニック理事長に就任[3]。


2016年7月の第24回参議院議員通常選挙比例区におおさか維新の会公認で立候補し、3年ぶりの返り咲きを目指すが[4]、落選。12月13日、日本維新の会衆院兵庫1区支部長就任が発表された[5][6]。


2017年9月30日には、第48回衆議院議員総選挙の日本維新の会第一次公認候補として名を連ねており、兵庫1区から出馬するも[7][8]、落選。


2019年2月、同年7月に行われる第25回参議院議員通常選挙の比例区候補に内定。 同年7月21日の第25回参議院議員通常選挙にて、日本維新の会から比例区で出馬し、58,269票を獲得して党内3位で当選。6年ぶりに国政復帰を果たした。


政治活動・国会質問

2011年3月11日に発生した東日本大震災において、福島県いわき市で被災した透析患者の県外転院が厚生労働省の許可が下りず遅れていたため、千葉県や東京都の病院に約740人の透析患者を転院させたという[9]。

2012年7月25日の参議院「社会保障と税の一体改革に関する特別委員会」において医師法20条の誤った解釈が医療現場で広がっていると述べた。厚生労働副大臣の辻泰弘は、20条が21条と混同されるケースがあるとして、解釈通知を出すと答弁した[10]。厚生労働省は2012年8月31日、63年ぶりに医師法20条の解釈通知を出した[11]。

生活保護制度について、2012年2月6日の参議院予算委員会で「雇用政策、産業政策なども必要だが、((生活保護の)不正受給やモラルハザードの問題についてもきちんと取り組まなければ根本的な解決にはならない」と述べた[12]。

生活保護受給申請者の資産・収入調査について2012年2月6日の参議院予算委員会で以下の提言を行った。「生活保護の受給申請があった場合、資産や収入を調査するのは生活保護法29条で定められているが、現実的には(居住自治体周辺の)金融機関の支店に個別紹介しているという状況だ。これを本店に一括照会して、きちっと口座を調べられるようにすべき。」[13] 厚生労働大臣の小宮山洋子は生活保護の不正受給防止に向け、申請者や扶養義務者の収入、資産を正確に把握できる金融機関の「本店一括照会方式」の導入に踏み切ると答弁した[14]。

終末期医療における尊厳死(平穏死)についての発言・執筆を行った。2013年2月20日の参議院予算委員会で、副総理の麻生太郎による「さっさと死ねるようにしてもらわないと」という発言をとりあげ、「言葉遣いはちょっと乱暴で不適切だったと思うが、(内容的には)全然問題にするものではない。むしろこの発言から終末期医療の在り方、どういう形で個人が自分の終末期を過ごす自己決定を実現していくのか、国民的議論を広げていくべきだ」と述べた[15]。さらに2013年2月20日参議院予算委員会の質疑の中で「人生の終末期の過ごし方について、個人の意思をきちんと反映するには、十分な国民的議論を行ったうえで、尊厳死(平穏死)の法制化が必要である」との見解を示した。その理由として「日本は国民皆保険制度の国であり、延命をしてほしいという権利は十分に実現されている。『延命してください』と言えば一生懸命お医者さんもやってくれる。だけど、『私はそれを拒否します』という権利は今の日本では十分に担保をされていない。そのことも同時に担保しなければ、個人の尊厳ある終末期ということを過ごせることができない」と述べた[16]。

政策

2017年の朝日新聞によるアンケートにおいて、選択的夫婦別姓制度導入について、どちらかと言えば反対、としていた[17]が、2019年のアンケートでは、「どちらとも言えない」としている[18]。

2019年のアンケートではアベノミクスや安倍政権の外交政策についてはどちらかといえば賛成、女性天皇や女系天皇については反対、同性婚については反対、改憲についてはどちらかといえば賛成と答え、改憲が必要とする部分は「自衛隊の保持・集団的自衛権の保持・憲法裁判所の設置」としている[18]。

不祥事

公職選挙法違反

第24回参議院議員通常選挙において、選挙運動の見返りに金を払う約束をしたとして、梅村の後援会事務所職員2人が、公職選挙法違反(買収約束)容疑で大阪府警察に逮捕された[19]。


所属団体・議員連盟

医師国会議員の会

適切な医療を実現する医師国会議員連盟(幹事)

国会がん患者と家族の会(事務局長)

脳卒中対策推進議員連盟

腎臓疾患対策議員連盟

肝炎対策推進議員連盟(幹事長)

こころの健康推進議員連盟(事務局長)

ストップ結核パートナーシップ推進議員連盟(顧問)

幹細胞(iPS細胞、ES細胞等を含む)研究支援議員連盟(呼びかけ人)

行政書士制度推進議員連盟

税理士制度推進議員連盟

土地家屋調査士制度推進議員連盟

国民の安心の医療をめざす看護議員連盟(幹事長代理)

介護を考える議員連盟(副会長)

歯科医療議員連盟(副会長)

適切な医療費を考える議員連盟(事務局長)

書籍

『パンドラの箱を開けよう 勇気を出してこの国をチェンジ』エピック社 ISBN 978-4899851516

『蘭学医・関寛斎―平成に学ぶ医の魂』エピック社 ISBN 978-4899851639

『梅ちゃん先生国会奮闘記』エピック社 ISBN 978-4899851776




コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント

Comments