google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 木戸口英司君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

木戸口 英司(きどぐち えいじ、1963年8月21日 - )は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員(1期)。岩手県議会議員(1期)、岩手県知事政務秘書、自由党幹事長代理・両院議員総会長・参議院国会対策委員長などを歴任。



来歴

岩手県花巻市生まれ[1]。岩手県立花巻北高等学校卒業後、1年間の浪人生活を経て千葉大学法経学部経済学科に入学。大学卒業間際、就職が内定していたものの小沢一郎の事務所から誘いを受け、大学卒業後は小沢一郎事務所に入所し、小沢の私邸に住み込んで秘書を務める[2]。


2003年、岩手県議会議員選挙に自由党公認で花巻市選挙区から出馬し、初当選した[1][3]。2007年の岩手県議会議員選挙に出馬したが、落選[1][2]。落選後、岩手県知事に当選して間もない達増拓也に誘われ、達増の秘書に転じる[2]。


2016年の第24回参議院議員通常選挙に際し、現職の主濱了参議院議員が家族の介護を理由に参院選不出馬、政界引退を表明[4]。主濱の引退表明により、民進党は畑浩治、生活の党は木戸口の擁立を主張し、日本共産党も候補を擁立する構えを見せたが、3党による協議の結果、木戸口の擁立で一致[5]。民進、生活、社民、共産4党の推薦を受けて無所属で出馬し、自由民主党新人の田中真一を破り当選した[6]。選挙後の7月26日、生活の党と山本太郎となかまたちに入党し、同日に生活・社民両党は参議院で統一会派「希望の会」を結成した[7]。8月1日、党両院議員総会で両院議員総会長ならびに参議院国会対策委員長に起用された[8]。その後自由党への党名変更を経て2018年10月より党幹事長代理も兼任[9]。


2019年4月26日に所属する自由党が国民民主党に合流したことに伴い、国民民主党所属となった[10]。


2020年9月15日、旧立憲民主党、旧国民民主党などが合流し、新「立憲民主党」が結成される[11]。木戸口も新党に参加。


2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙で立憲民主党は議席を「109」から「96」に減らし、11月2日、枝野幸男代表は引責辞任を表明[12]。枝野の辞任に伴う代表選挙(11月30日実施)では泉健太の推薦人に名を連ねた[13]。


政策・主張

日本国憲法の改正に賛成だが、日本国憲法第9条の改正には反対[14]。

憲法への緊急事態条項の創設に反対[14]。

日本の環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加に反対[14]。

原子力発電は日本に「必要ない」としている[14]。

日本の核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としている[14]。

選択的夫婦別姓制度の導入に「どちらかといえば賛成」としている[15]。

受動喫煙防止を目的に飲食店などの建物内を原則禁煙とする健康増進法改正に賛成。2016年の参院選に先駆けて行われた受動喫煙防止についての公開アンケートにおいて、レストランやバーを含む一般市民が出入りする場所は、2020年までに「罰則付きの禁煙とするべきである」と回答している[16]。


コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント

Comentários


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事