google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 打越さく良君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

越 さく良(うちこし さくら、1968年1月6日[1] - )は、日本の政治家、弁護士。立憲民主党所属の参議院議員(1期)。


夫は刑事裁判を専門とする弁護士の村木一郎[2]。戸籍名、村木さく良[3]。



来歴

北海道旭川市に生まれ、埼玉県で育つ。お茶の水女子大学附属高等学校卒業[4]。1996年(平成8年)3月、東京大学教育学部卒業。同大学大学院教育学研究科修士課程修了。1998年(平成10年)、同大学学院教育学研究科博士課程を中途退学[5]。


2000年(平成12年)、弁護士登録。東京都内の法律事務所に所属し、児童虐待防止やドメスティックバイオレンス(DV)の救済などに取り組む[6]。2011年(平成23年)から2015年(平成27年)まで第一次夫婦別姓訴訟弁護団事務局長を務め[5]、2018年(平成30年)に発覚した医学部入試における女性差別問題では、角田由紀子とともに弁護団の共同代表を務めた[7]。


2019年(平成31年)3月16日、新聞報道により、立憲民主党が打越を同年7月の参院選新潟県選挙区(改選数1)擁立する検討に入ったことが明らかとなった[8]。打越は新潟市中央区に転居し、同年5月11日、野党統一候補として参院選に無所属で立候補する意向を正式に表明した[6]。


同年7月21日に行われた第25回参議院議員通常選挙で、自民党現職で3選を目指す塚田一郎を破り初当選を果たした。同党が参院選新潟県選挙区の議席を失うのは1955年(昭和30年)の結党以来初めてのこととなった[9]。


同年9月19日、立憲民主党会派に参加[10]。打越は取材に対し、選挙には無所属で臨んだものの、立憲民主党に党籍を持っているとして、今後は立憲民主党の参議院議員として活動する意向を明らかにした[11]。


2020年(令和2年)9月15日、旧立憲民主党と旧国民民主党は、2つの無所属グループを加えた形で新「立憲民主党」を結成[12]。打越も新党に参加。


2021年(令和3年)10月31日の第49回衆議院議員総選挙で立憲民主党は議席を「109」から「96」に減らし、11月2日、枝野幸男代表は引責辞任を表明[13]。枝野の辞任に伴う代表選挙では西村智奈美の推薦人に名を連ねた[14]。11月30日、代表選が実施。打越は1回目の投票では西村に投じ、決選投票では逢坂誠二に投じた[15]。


所属委員会

厚生労働委員会、 予算委員会、 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会、 憲法審査会


2020年(令和2年)12月3日現在[16]。


政策・主張

憲法改正に反対[17]。

選択的夫婦別姓導入に「賛成」[17]。

同性婚に「賛成」[17]。

著書

打越さく良『レンアイ、基本のキ――好きになったらなんでもOK?』岩波ジュニア新書、2015年10月21日。ISBN 978-4005008148。

打越さく良『なぜ妻は突然、離婚を切り出すのか』祥伝社新書、2015年12月25日。ISBN 978-4396114510。

中里見博・能川元一・打越さく良・立石直子・笹沼弘志・清末愛砂『右派はなぜ家族に介入したがるのか――憲法24条と9条』大月書店、2018年5月17日。ISBN 978-4272350438。

打越さく良『第3版 Q&A DV事件の実務 相談から保護命令・離婚事件まで』日本加除出版、2018年12月28日。ISBN 978-4817845344。

打越さく良・佐藤倫子編『司法の現場で働きたい!――弁護士・裁判官・検察官』岩波ジュニア新書、2018年3月21日。ISBN 978-4005008681。




コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事