google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 岸真紀子君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

岸 真紀子(きし まきこ、1976年3月24日[1] - )は、日本の政治家、労働運動家。立憲民主党所属の参議院議員(1期)。


来歴

北海道栗沢町(現・岩見沢市)に生まれる。栗沢町立栗沢小学校、栗沢町立栗沢中学校卒業。1994年(平成6年)3月、北海道岩見沢緑陵高等学校商業科卒業。同年4月、栗沢町役場に奉職。2004年(平成16年)、自治労北海道空知地方本部の女性部長に就任[2]。


2006年(平成18年)3月27日、栗沢町が岩見沢市に編入される。岩見沢市役所庶務課統計係に勤務。


2011年(平成23年)、連合北海道空知地域協議会の副会長に就任。2013年(平成25年)、自治労中央本部の法対労安局長に就任。2015年(平成27年)、同本部の組織対策局長に就任。2017年 (平成29年)、自治労特別中央執行委員に就任[2]。


2018年(平成30年)5月14日、自治労は同月24、25日に開く中央委員会で、次期参院選の立憲民主党候補者として岸の擁立を正式に決めると発表した[3]。


2019年(令和元年)7月21日に行われた第25回参議院議員通常選挙比例区において157,848票を得て、党内トップ当選を果たした[4]。


2020年(令和2年)9月15日、旧立憲民主党、旧国民民主党などが合流し、新「立憲民主党」が設立[5]。岸も新党に参加。


2021年(令和3年)11月2日の枝野の辞任[6]に伴う代表選挙(11月30日実施)では逢坂誠二の推薦人に名を連ねた[7]。


コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント

Σχόλια


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事