google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 岡田直樹君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

岡田 直樹(おかだ なおき、1962年6月9日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(3期)、自由民主党参議院国会対策委員長。


内閣官房副長官(第4次安倍第2次改造内閣、菅義偉内閣)、参議院国土交通委員長、国土交通大臣政務官(福田康夫改造内閣)、財務副大臣(第3次安倍第1次改造内閣)、石川県議会議員(1期)、自由民主党参議院幹事長代行を歴任。



概要

石川県金沢市出身。妻は森喜朗元首相の姪(弟の長女)[1][2][3]。


金沢大学附属高等学校卒業後、東京大学文学部中国哲学科に入学。その後は報道に関心を持ち、同法学部第3類(政治コース)に学士入学する[4]。1989年、大学を卒業し、実父が社長を勤めていた北國新聞社に入社。


略歴

2000年 北國新聞社を退職、「金沢政策フォーラム」を設立。

2002年3月、石川県議会議員補欠選挙(金沢市選挙区・自由民主党公認)初当選。

2004年7月、第20回参議院議員通常選挙(石川県選挙区・自民党公認)初当選。

2008年8月、福田康夫改造内閣において国土交通大臣政務官(安全危機管理関係の施策、交通関係施策、航空関係の事務の担当[5])に就任。

2010年7月、第22回参議院議員通常選挙(石川県選挙区・自民党公認)再選。

2011年10月、参議院国土交通委員長に就任。

2013年10月、参議院議院運営委員会筆頭理事に就任。

2015年10月、第3次安倍第1次改造内閣において財務副大臣(税制、関税、国際関係及び参議院における答弁等の関係事務の担当[6])に就任。

2016年7月、第24回参議院議員通常選挙(石川県選挙区・自民党公認)3選。

2019年9月、第4次安倍第2次改造内閣において内閣官房副長官に就任。[7]

2020年9月、菅義偉内閣において内閣官房副長官に再任。

2021年10月4日、自由民主党参議院国会対策委員長に就任[8]。

政策

選択的夫婦別姓制度導入にどちらかと言えば反対、としている[9]。第174回国会では、同制度に反対する請願を出している[10]。

北陸新幹線敦賀以西のルート選定問題について、米原ルートを支持[11]。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[12]

創生「日本」[13](事務局次長)

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会[13]

神道政治連盟国会議員懇談会[13]

自民党国際人材議員連盟

北京オリンピックを支援する議員の会

再チャレンジ支援議員連盟

TPP交渉における国益を守り抜く会

親族・家族

父・岡田尚壮(北國新聞元社長、2020年3月23日に85歳で死去)[14]

妻の伯父・森喜朗(前内閣総理大臣)[15]

著書

『憲法改正序曲』北國新聞社、2006年



コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page