google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 山本啓介君の政策/不祥事

国会議員の通信簿ホーム→ ホーム

国政政党を評価→国政政党の通信簿

衆院議員を評価→衆議院議員の通信簿

参院議員を評価→参議院議員の通信簿

他の議員を評価→その他議員の通信簿

ランキング  →国会議員ランキング



経歴

〇山本啓介(やまもとけいすけ、1975年6月21日生)

〇自由民主党所属の参議院議員(1期)。元長崎県議会議員(3期)。

〇長崎県壱岐市出身。長崎県立壱岐高等学校、皇學館大学文学部卒業後、虎島和夫衆議院議員の私設秘書・公設秘書を務め、虎島の政界引退後は谷川弥一衆議院議員の公設秘書を務めた。

〇2007年の長崎県議会議員選挙に壱岐市選挙区から立候補したが落選。2011年の県議選で初当選し、県議を3期務める。

〇2021年からは自由民主党の長崎県連幹事長を約1年間務め、保守分裂選挙となった2022年の長崎県知事選挙では、山本は現職の中村法道を支持せず、新人の大石賢吾を県連幹事長として支援し、大石は当選。

〇2022年7月、参議院議員選挙に長崎選挙区から自民党公認で当選。


政策・主張

〇憲法改正:賛成

〇普天間基地の辺野古移設:賛成

〇選択的夫婦別姓制度の導入:どちらかといえば賛成

〇アベノミクス:評価するが、修正すべきだ

○国会議員の被選挙権年齢の引き下げ:反対


支援団体

全国たばこ販売政治連盟(2022年参院選組織推薦候補者)



管理人コメント

「普通過ぎる。」

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事