google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 尾辻秀久君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール


(以下、ウキペディア引用)

尾辻 秀久(おつじ ひでひさ、1940年10月2日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(6期)、自由民主党両院議員総会長、みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会会長。


厚生労働大臣(第4・5代)、参議院副議長(第28代)、自由民主党参議院議員会長(第26代)、総務政務次官(宮澤改造内閣)、財務副大臣(第1次小泉内閣)、参議院予算委員長、鹿児島県議会議員(2期)、財団法人日本遺族会会長等を歴任した。


元鹿児島県議会議員の尾辻義は妹。


来歴

生い立ち

鹿児島県鹿児島市生まれ。父・尾辻秀一は駆逐艦「夕霧」の艦長(海軍少佐)で、尾辻が3歳の時にソロモン群島沖の海戦により戦死した[1]。1958年、鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校を卒業し、防衛大学校に進学したが、在学中に実母が急死。家計を支え、妹・義(のちに鹿児島県議会議員)を大学に進学させるため、防衛大を中退した[1]。1964年、23歳で東京大学に入学したが、当時は東大紛争の全盛期であったため授業がほぼ開講されない時期が続き、1966年から諸外国を放浪。5年後の1971年に帰国し、東大は中退[1]。


地方政界にて

1979年、鹿児島県議会議員選挙に出馬し、初当選した。県議を2期7年務めた後、1986年の第39回衆議院議員総選挙に旧鹿児島1区(定数4)から無所属で出馬したが、得票数6位で落選した。


国政にて


財務副大臣就任に際して公表された肖像写真

1989年、第15回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で比例区から出馬し、初当選した[1]。1992年に宮澤改造内閣で総務政務次官、1994年に村山内閣で沖縄開発政務次官に任命された。


2001年、第1次小泉内閣で財務副大臣(税制担当)に任命される。翌2004年、第2次小泉改造内閣で厚生労働大臣に任命され、初入閣した。第3次小泉内閣でも留任。2005年、第3次小泉改造内閣の発足により退任し、参議院予算委員長に就任した。


2007年、第21回参議院議員通常選挙での自民党大敗を受け、引責辞任した青木幹雄の後任を選出する参院議員会長選挙に立候補を届け出た。当初、元文部大臣の中曽根弘文を推す声もあったが、立候補を届け出たのが尾辻のみだったため、無投票で参院議員会長に選出された[2]。2010年、参議院副議長就任に伴い、参院議員会長を辞任した。2012年、以前から日本遺族会副会長を務めていたが、古賀誠会長の退任により後任の遺族会会長への就任が内定したため、参院副議長を辞任した[3][4]。


2013年の第23回参議院議員通常選挙では、自民党の定年制により比例区からの立候補ができないため、引退する加治屋義人に代わって鹿児島県選挙区に鞍替えし[5]、民主党の皆吉稲生らを大差で破り、5選[6]。2014年5月、日本遺族会会長を辞任[7]。2019年の第25回参議院議員通常選挙で6選[8]。


政策・主張

選択的夫婦別姓導入に「どちらかと言えば賛成」としている[9]。

2000年7月、1950年代に政府の募集に応じ、ドミニカ共和国へ移住した日本人移住者や日系ドミニカ人らが、国に対し約25億円の損害賠償を求めて東京地方裁判所に提訴した。これを受け、尾辻も加わった超党派の「ドミニカ共和国への日本人移住者問題解決を進める国会議員懇談会」が発足し、尾辻自身も参議院予算委員会や決算委員会、外交防衛委員会で5回にわたりこの問題を取り上げて質疑を行った[10]。2006年6月7日、東京地裁は原告側の請求を棄却する判決を下したが[11]、尾辻ら国会議員の仲介により小泉純一郎首相が原告団に面会し、首相談話を手渡した[12]。

第9条を含む日本国憲法の改正、集団的自衛権の行使を禁じた内閣法制局の憲法解釈の見直しに賛成[13]。

日本の核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としている[13]。

内閣総理大臣やその他の国務大臣の靖国神社への参拝について「問題ない」としている[13]。自身も毎年、靖国神社に参拝しており、超党派のみんなで靖国神社に参拝する国会議員の会会長も務める[14]。

村山談話、河野談話の見直しに賛成[13]。

日本の原子力発電所について「当面は必要だが、将来的には廃止すべき」としており、原子力発電所の海外輸出に反対[13]。

日本の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加に反対[13]。

労働市場の規制緩和による、企業側が金銭を支払えば労働者を解雇できる制度(解雇の金銭解決制度)の導入に反対[13]。

医薬品のネット販売に関する議員連盟の会長を務め、医薬品のインターネット販売規制推進の中心的役割を果たした[15]。

受動喫煙防止を目的に飲食店などの建物内を原則禁煙とする健康増進法改正に賛成[16]。

人物

家族は妻、3女。長女、次女は双子である。

鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校在学中は陸上部に所属し、800m走で県大会優勝[1]。防衛大学校在学中は箱根駅伝に出場した[1]。

民主党所属の参議院議員だった山本孝史は党派を超えて親交があり、山本が2007年12月22日、参議院議員在職のまま病死した後、2008年1月28日の参議院本会議で哀悼演説を行い、「あなたは参議院の誇りであります」「社会保障の良心でした」と山本の死を悼んだ[17]。

2009年1月30日の参議院代表質問において、麻生太郎首相(当時)に対して構造改革の矛盾を指摘したうえで、「野に下るのは恥ずかしくない。恥ずべきは政権にあらんとして、いたずらに迎合すること。毅然と進む首相にご一緒します」と発言し野党から喝采を浴びた[18]。

2010年3月11日、与謝野馨が会長を務める自民党の「安心社会研究会」の初会合で、「いい加減にしろ!馬鹿者!いやいやいや、言わにゃいかん!いやいや、絶対に言わにゃいかんよ、こいつには!いい加減にしろ!こんなやつ、絶対に許さんからな!」などと、講師の吉川洋東京大学教授や止めに入った与謝野らを怒鳴りつけた[19]。

2013年3月11日、自由民主党TPP対策委員会の厚生労働作業部会の冒頭、隣に座っていた西川公也TPP対策委員長が立ち上がって発言しようとしたのに対し、「座りなさい。何でこんなに急に会議を開く必要があるのだ」と制止し、「命令調はないでしょう、命令調は」と食ってかかった西川を「なにが悪い!」と怒鳴りつけ、西川も「なんだよ!」と応戦した[20][21]。その後も「威張るなよ」(西川)「威張っているのはそっちが威張っているからだろ」(尾辻)、「あんたも静かにしろよ!」(西川)「さっき声を張り上げるなって言ったのはあんただろうよ!」(尾辻)などと数分にわたり怒鳴り合い、会議後、尾辻は記者に対し「大事なことを議論するんだから、日程をもう少しきっちり議論した方がいいということを言ってるんで。それだけだよ」と釈明した[21]。

不祥事

政治家の年金未納問題に際し、5ヶ月間の年金の未納が発覚した[22]。


所属団体・議員連盟

国際基準のタバコ対策を推進する議員連盟(旧称「東京オリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止法を実現する議員連盟」)(会長)[23][24][25]

日本会議(代表委員)[26]

日本会議国会議員懇談会(相談役)

神道政治連盟国会議員懇談会[27]

日本遺族会(元会長)

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会(会長)[14]

発達障害の支援を考える議員連盟(会長)[28]

医薬品のネット販売に関する議員連盟(会長)[15]

医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟[29]

イクメン議員連盟(顧問)[30]

TPP交渉における国益を守り抜く会

犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟(会長)[31]

自殺対策を推進する議員有志の会(世話人)[1]

著書

『ボッケモン世界を行く』 尾辻秀久事務所 1971年

『続ボッケモン世界を行く』 尾辻秀久事務所 1972年

『旅また人生』 博報社 1982年




コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page