google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 寺田静君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

寺田 静(てらた しずか、1975年3月23日[1] - )は、日本の政治家。参議院議員(1期)。旧姓は江上。


来歴

秋田県横手市生まれ。父親の仕事の都合で、小学校3年の夏に青森市に引っ越す。小学校6年のときに茨城県に移り、中学校3年で横手市に戻り、横手市立横手南中学校に転校。学校の進める管理教育に合わず、11月から卒業までの5ヶ月間登校しなかったという。進学した秋田県立横手城南高等学校でも、進路指導などを通じ再び管理教育に合わず、3年生の1992年(平成6年)5月に中退。同年9月、大検に合格[2]。


1年浪人し、仙台市の代々木ゼミナールに通ったのち、1994年(平成8年)、育英会の奨学金を受けて早稲田大学人間科学部に進学[2]。卒業にともない、学士(人間科学)の学位を取得した。大学卒業後、東京大学生産技術研究所に勤務。


ハワイ大学海洋科学部に学士入学。一時帰国中の2003年(平成15年)、父親から言われ、最初の衆議院選挙を迎えていた寺田学の選挙を手伝うことになる。2009年(平成21年)9月に寺田学と結婚。夫と川口博の公設秘書をあわせて約10年務める[3]。また、電気自動車普及協会にも勤務した[1]。


参議院議員へ

2018年(平成30年)から立憲民主党、国民民主党、社会民主党の3党の県連と連合秋田は次期参院選秋田県選挙区の統一候補の擁立作業を行う。ところが要請を受けていた元民進党県連代表の沼谷純県議が同年末に不出馬を表明。2019年(平成31年)2月4日、3党および連合秋田は寺田に立候補を要請することで一致した。寺田を薦めたのは社民党県連の石田寛代表であった[4]。同年3月7日、立候補する意向を正式に表明した[5]。日本共産党は当初、党役員の藤本友里を候補者に立てていたが、寺田支持を決断し、6月3日に藤本を比例区に回すことを明らかにした[6]。


同年7月21日に行われた第25回参議院議員通常選挙で、自民党現職の中泉松司を破り初当選を果たした。寺田は県内25市町村のうち15市町村で中泉の得票を上回った[7]。中泉が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備の可否に関する考えを明らかにしなかったのに比べ、寺田は配備反対の姿勢を強調し続けた。大票田でもある候補地の秋田市で地上イージス批判層からの票を上積みし、中泉を引き離した[8]。


2020年(令和2年)9月16日招集の第202回国会における首相指名選挙で、国民民主党の伊藤孝恵に投票した[9]。伊藤の名が読み上げられると、「自分で入れたのか」「記録に残るのに何をやっているんだ」とやじが飛び交った[10]。同日付のブログで寺田は、「女性が意思決定の場に増えれば(生きづらい社会は)変わっていく」との思いから伊藤に投票したと述べた[11]。


政策・主張

憲法改正に反対[12]。

選択的夫婦別姓導入に「賛成」[12]。

同性婚に「賛成」[12]。

所属団体・議員連

人権外交を超党派で考える議員連盟[13]

対中政策に関する国会議員連盟



コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page