google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 宮本周司君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール


(以下、ウキペディア引用)

宮本 周司(みやもと しゅうじ、1971年3月27日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)。


元経済産業大臣政務官。


経歴

伝記の記載を年譜形式のみとすることは推奨されていません。人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。(2016年7月)

1988年 - 石川県立金沢泉丘高等学校卒業[1]

1995年 - 東京経済大学経済学部卒業[1]

2000年 - 株式会社宮本酒造店代表取締役就任[1][2]

2007年 - 石川県商工会青年部連合会会長就任[1][2]

2009年 - 全国商工会連合会青年部連合会会長就任[1][2]

2011年 - 全国商工会連合会青年部連合会相談役就任[1][2]

2012年 - 中小企業庁“小さな企業”未来会議草の根委員会委員長就任[1]

2012年 - 全国商工会連合会小規模企業支援強化本部長就任[1]

2013年 - 第23回参議院議員通常選挙で、自由民主党から比例区に出馬し初当選(18議席獲得で党内13位)。

現在、経済産業委員会理事[2]。

政策

選択的夫婦別姓導入への賛否について「どちらとも言えない」としている[3]。

日本国憲法第9条・96条の改正に賛成[4]。

集団的自衛権を認めるべき[4]。

日本の核武装について、将来にわたって検討すべきでない[4]。

首相や閣僚は靖国神社に、参拝すべきでない[4]。

村山談話・河野談話を見直すべきでない[4]。

労働市場の規制緩和を進め、企業側が金銭を払えば解雇しやすくすることに反対[4]。

日本の原発について、当面は必要だが、将来は廃止すべきだ[4]。

外国への原発の輸出を進めるべきでない[4]。

受動喫煙防止を目的に飲食店などの建物内を原則禁煙とする健康増進法改正に反対。自身のブログにおいて、「望まざる受動喫煙を排除するために、一義的に、長年に亘って苦労を重ね、努力し、工夫し、一所懸命に商売を継続してこられた全国の全ての飲食店も禁煙にするとか、罰則を設けるなどということは、少々乱暴では?」と述べている[5]。

人物

座右の銘は「自立と自律」[6]。

趣味は音楽鑑賞[6]、パチンコ、麻雀[7]。

かつては1日2箱のたばこを吸うヘビースモーカーであったが、選挙に出ようか悩んだ時に禁煙をした。喫煙歴については「何年吸っていたかいうとちょっとまずいので(笑)」と答えている[7]。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[8]

清和政策研究会[1][9]

文化芸術懇話会[10]


コメントお願いします。




右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント

댓글


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page