google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 大野泰正君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

大野 泰正(おおの やすただ、1959年(昭和34年)5月31日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)。元岐阜県議会議員(3期)。


国土交通大臣政務官(第3次安倍第2次改造内閣)を歴任。元運輸大臣、元労働大臣を務めた大野明の次男[1]。


経歴

岐阜県山県市生まれ(現住所は羽島市福寿町千代田1丁目[2])[3]。1982年(昭和57年)、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業し、全日本空輸入社。1990年(平成2年)、父が第2次海部内閣で運輸大臣として入閣すると、秘書官に就任。1995年(平成7年)、父が参議院に鞍替えした後は、公設第一秘書を務めた。1996年(平成8年)、父の死去に伴う補欠選挙で母の大野つや子が参議院議員に当選すると、公設第一秘書を務めた[4]。


2003年(平成15年)、岐阜県議会議員羽島市選挙区に出馬し[5]、初当選。 以後3期連続当選[4]。


2013年(平成25年)7月21日の第23回参議院議員通常選挙に岐阜県選挙区から自民党公認で出馬し、初当選。


2016年(平成28年)8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、国土交通大臣政務官に就任[6]。


2019年(令和元年)7月21日の第25回参議院議員通常選挙に岐阜県選挙区から自民党公認で出馬し、2期目の当選。


政策

憲法改正に賛成[7]。

集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すことに賛成[7]。

日本の核武装について検討すべきでないとしている[7]。

村山談話および河野談話について、いずれも見直すべきとしている[7]。

2014年4月に予定されていた消費税の8%への引き上げについて「予定通りに引き上げるべきだ」と回答している[7]。

靖国神社への首相や閣僚の参拝について「問題ない」としている[7]。

死刑制度に賛成[7]。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[8]

神道政治連盟国会議員懇談会[9]

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会[9]

日本の尊厳と国益を護る会[10]

支援団体

全国たばこ販売政治連盟(組織推薦候補者)[8]

神道政治連盟[11]

著書

寄稿

自民党国家戦略本部 編『日本未来図2030』、日経BP社、2014年12月、ISBN 4822225194




コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page