google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 堂故茂君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

堂故 茂(どうこ しげる、1952年(昭和27年)8月7日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)。富山県氷見市長(4期)、富山県議会議員(2期)を務めた。


概要

富山県氷見市生まれ。富山県立高岡高等学校、慶應義塾大学経済学部卒業[1]。1979年、トナミ運輸株式会社入社。1982年、かつてはトナミ運輸の代表取締役社長も務めていた綿貫民輔衆議院議員の秘書を務める。1988年、氷見青年会議所理事長に就任。


1991年、富山県議会議員選挙に出馬し、初当選した。1995年、富山県議会議員再選。1998年、富山県議を任期途中で辞職して氷見市長選挙に出馬し、当選。以後、2013年まで4期15年間、氷見市長を務めた。2003年、観光カリスマ百選に選出される[2]。


2013年、4期目の任期途中で氷見市長を辞職。自由民主党公認で第23回参議院議員通常選挙に富山県選挙区から出馬し、当選した。


2015年10月9日、第3次安倍第1次改造内閣の文部科学大臣政務官に就任した。担当は、教育と文化[3] 。


2018年10月24日、参議院農林水産委員長に就任した[4]。


2019年7月の第25回参議院議員通常選挙で再選。


2019年10月、自民党総務、文部科学部会長代理に就任。


政策・主張

2019年10月に予定されている消費税の10%への引き上げについて「法律に従い、引き上げるべきだ」と回答している[5]。

憲法9条を改正して自衛隊を他国同様「国防軍」にすべき[6]。

集団的自衛権の行使を認めるべき[6]。

日本の核武装について、国際情勢によっては検討すべき[6]。

首相や閣僚の靖国神社参拝は問題ない[6]。

2021年1月30日、堂故ら自民党国会議員有志50人は、47都道府県議会議長のうち同党所属の約40人に、選択的夫婦別姓の導入に賛同する意見書を採択しないよう求める文書を郵送した。地方議員や市民団体は、地方議会の独立性を脅かす行為だとして堂故らを批判した[7][8][9][10]。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[11]

神道政治連盟国会議員懇談会

賃貸住宅対策議員連盟

支援団体

全国たばこ販売政治連盟(組織推薦候補者)[11]

神道政治連盟[12]


コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page