google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 吉川沙織君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

吉川 沙織(よしかわ さおり、1976年10月9日 - )は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員(3期)。立憲民主党執行役員・組織委員長。NTT労組出身の情報労連組織内候補[1]。選挙時は「吉川さおり」名義を用いる。



来歴

徳島県徳島市出身。北島町立北島小学校・北島町立北島中学校卒業。1995年3月、徳島県立城ノ内高等学校卒業。同年4月、同志社大学文学部文化学科教育学専攻に入学。日本育英会の第一種奨学金の貸与を受け、早朝時間帯のアルバイトを平均週6日続けながら、大学に通った。1999年3月、同大学卒業。同年4月、日本電信電話株式会社(NTT)入社。大阪支店・法人営業本部・京都支店で勤務[2]。


2003年3月、同志社大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了[2]。


2004年に民主党の公募に受かる。東京に行き、情報産業労働組合連合会(情報労連)の仕事を行う[3]。2006年7月、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)退職。


2007年の第21回参議院議員通常選挙に比例区から民主党公認で出馬し、306,577票を獲得、党第2位で初当選[4]。選挙区・比例区あわせて最年少当選(当時)。


2011年9月、参議院総務委員会理事。2012年4月、総務委員会筆頭理事[2]。


2013年、第23回参議院議員通常選挙に比例区から民主党公認で出馬し、党第6位で再選[5]。


2013年9月、民主党政調会長代理。次の内閣ネクスト官房副長官、ネクスト総務副大臣[2]。


2016年1月、議院運営委員会筆頭理事[2]。


2017年10月27日、民進党代表の前原誠司が、同月の衆院選で党を分裂させる形で戦う原因をつくったことについて陳謝し、引責辞任を正式に表明[6]。前原の辞任に伴う代表選挙(10月31日実施)では大塚耕平の推薦人に名を連ねた。


2018年5月の民進党と希望の党による新党には参加せず、5月7日に民進党を離党、立憲民主党に入党を申請、翌8日の常任幹事会で入党が承認された[7]。


2019年7月に行われた第25回参議院議員通常選挙に比例区から立憲民主党公認で出馬し、党第4位で3選を決めた[8]。


2020年9月15日、旧立憲民主党、旧国民民主党などが合流し、新「立憲民主党」が設立[9]。吉川も新党に参加。同年11月、出身地である徳島の党徳島県連常任顧問に就任。旧民主党時代からいずれの都道府県連にも所属していなかったが今回初めて所属することとなった[10]。


2021年12月6日、立憲民主党は、執行役員12人のうち6人を女性とする新たな人事を決定。泉健太代表が11月30日の代表選挙で訴えた「執行役員の半数を女性にする」との公約を達成した[11][12]。吉川は執行役員である組織委員長に選任された[13]。


政策・主張

選択的夫婦別姓導入に「賛成」としている[14]。

日本国憲法第9条・96条の改正に反対[15]。

集団的自衛権を認めるべきでない[15]。

沖縄県の普天間基地は国外に移設すべきだ[15]。

日本の核武装について、将来にわたって検討すべきでない[15]。

首相や閣僚は靖国神社に、参拝すべきでない[15]。

村山談話・河野談話を見直すべきでない[15]。

労働市場の規制緩和を進め、企業側が金銭を払えば解雇しやすくすることに反対[15]。

日本の原発について、当面は必要だが、将来は廃止すべきだ[15]。

外国への原発の輸出を進めるべきでない[15]。

人物

好きな言葉は「有志者事竟成」「一期一会」[2]。

好きな食べ物はカレー・豆腐[2]。

好きな映画は『ローマの休日』『職業としての政治』『アルケミスト - 夢を旅した少年』[2]。



コメントお願いします。




右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page