google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 古庄玄知君の政策・不祥事

国会議員の通信簿ホーム→ ホーム

国政政党を評価→国政政党の通信簿

衆院議員を評価→衆議院議員の通信簿

参院議員を評価→参議院議員の通信簿

他の議員を評価→その他議員の通信簿

ランキング  →国会議員ランキング



経歴

〇古庄玄知(こしょうはるとも、1957年12月23日生)

〇弁護士。自由民主党所属の参議院議員(1期)。

〇国東市生まれ。大分県立杵築高等学校、早稲田大学法学部卒業(奥島孝康ゼミ)。

〇1982年に司法試験に合格し、1985年に弁護士を開業した。2008年に大分県弁護士会会長を務めた。大分朝日放送のコメンテーターを務めた。

〇2016年7月、第24回参議院議員通常選挙に大分県選挙区から立候補したが1,090票差で民進党現職の足立信也に敗れ落選。


〇2022年7月、第26回参議院議員通常選挙では国民民主党現職の足立を破り初当選を果たした。


政策・主張

〇憲法改正:賛成

〇敵基地攻撃能力:どちらかといえば賛成

〇普天間基地の辺野古移設:賛成

〇防衛費:ある程度増やすべき

〇選択的夫婦別姓制度の導入・同性婚・クォータ制:反対

〇アベノミクス:当面は継続すべき

〇原子力発電への依存度:下げるべき

〇国会議員の被選挙権年齢の引き下げ:反対


支援団体

全国たばこ販売政治連盟(2022年参院選組織推薦候補者)



管理人コメント
「弁護士。玄知ではるともって読むんですね。」
0件のコメント

Comentários


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page