google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 元榮 太一郎君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

元榮 太一郎(もとえ たいちろう[1]、1975年12月14日 - )は、日本の弁護士、政治家。自由民主党所属の参議院議員(1期)


元財務大臣政務官。弁護士ドットコム株式会社創業者。第二東京弁護士会所属。



経歴

伝記の記載を年譜形式のみとすることは推奨されていません。人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。(2016年7月)

1975年:米国イリノイ州エバンストン市に生まれる。

1978年:家族とともに帰国。神奈川県藤沢市に居住[2]。

中学校の時に家族とともにドイツに移住。

高校の時は単身帰国し、神奈川県立湘南高等学校に進学。

1998年:慶應義塾大学法学部法律学科を卒業。

1999年:旧司法試験に合格(第54期司法修習生)。

2001年:第二東京弁護士会に登録。

2001年:アンダーソン・毛利法律事務所(現:アンダーソン・毛利・友常法律事務所)に入所。M&Aや金融など企業法務を専門としていたが、2005年に退所し、独立して法律事務所オーセンスを開業する。

2005年:オーセンスグループ(現・弁護士ドットコム)を設立、現在法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」、税務相談ポータルサイト「税理士ドットコム」を運営。

2014年:日本初の弁護士兼代表取締役社長による東京証券取引所マザーズ市場上場。

2016年:第24回参議院議員通常選挙に千葉県選挙区から自民党公認候補として立候補し、得票数2位で初当選[3]。

2017年:弁護士ドットコム株式会社代表取締役会長就任。

2020年:財務大臣政務官に任命されたため、弁護士ドットコム株式会社代表取締役会長を退任[4]。国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範(大臣規範)の規定により営利企業の役職員の兼職を禁じている。

2021年:6月、翌年に行われる第26回参議院議員通常選挙に立候補しない意向を示した[5]。

政策

憲法改正に賛成[6]。

憲法9条の改正について、非回答[6]。

有事や大規模災害時を想定した「緊急事態条項」の創設に賛成[6]。

安倍政権の経済政策「アベノミクス」の恩恵は、地方や中小企業にも及んでいる[6]。

財政健全化に向けた取り組みとして、経済成長による税収増で対応すべきだ[6]。

原発は日本に必要だ[6]。

地方自治体の活性化を目指す「地方創生」は、成果が表れている[6]。

安全保障関連法について、今の法制でよい[6]。

沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の移設先として沖縄県名護市辺野古がふさわしい[6]。

日本の核武装について、国際情勢によっては検討すべきだ[6]。

選択的夫婦別姓制度導入についての選択式アンケートにおいて「どちらかというと反対」としている[7]。

議員活動

所属委員会[8]。

参議院法務委員会理事

参議院予算委員会

参議院災害対策特別委員会

参議院憲法審査会

エピソード

いつかインターネットで弁護士を探す時代が来る。“一見さんお断り”がまだ当たり前だった2005年に身近な弁護士を目指し弁護士ドットコムを創業。

孫正義の「時代を読んで、仕掛けて、待つ」という言葉が好きで、赤字のときは、「今は時代を読んで仕掛けている最中だ」と言い聞かせ、「弁護士が身近になると多くの人が必ず喜んでくれるはず」ということを信じて8期連続赤字でも事業を継続した[9]。その結果、弁護士ドットコムは2014年12月11日、東京証券取引所マザーズに上場した[10]。

2019年・2020年の国会議員平均所得では2位に圧倒的な大差をつけての首位であった[11][12]。




コメントお願いします。




右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page