google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 倉林明子君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

倉林 明子(くらばやし あきこ、1960年12月3日 - )は、日本の政治家、看護師、労働運動家。日本共産党所属の参議院議員(2期)。日本共産党中央委員会副委員長[1]。京都府議会議員(1期)、 京都市会議員(5期)を歴任。



来歴

福島県耶麻郡西会津町の農家に生まれる[2]。父は西会津町議会議員を務めた三瓶猛(1936 - 2009)。福島県立喜多方高等学校を経て、1982年京都市立看護短期大学を卒業[2]。同短大卒業後、右京病院(京都民医連中央病院の前身[3])に入る。看護師生活は11年に及ぶが、この間京都民主医療機関労働組合西支部書記長、京都医療労働組合連合会執行委員を務めるなど、労働運動にも深く携わった[2]。


1994年京都府議会議員補欠選挙に中京区(定数1)から立候補し初当選を果たす[2]。その後、翌年の京都市議会議員選挙に同じく中京区から立候補し当選。当選5回。市議会では京都市都市計画審議会委員や運営委員会理事の他、市議会議員団幹事長を歴任した[2]。


2013年6月11日、市議会議員を辞職[4]。同年7月21日執行の第23回参議院議員通常選挙に京都府選挙区(定数2)から立候補し、民主党新人で元首相補佐官の北神圭朗を抑え得票数2位で初当選[5]。同選挙区における共産党候補の当選は、第18回参議院議員通常選挙の西山登紀子以来15年振り[5]。選挙戦では府内の財界や府知事、京都市長が「共産党落とし」を進めたが[6]、地盤の京都市中心部や府北部以外にも、民主党の強い府南部の宇治市で北神を上回る勢いを見せた中での当選であった[5]。


2019年(令和元年)7月の第25回参議院議員通常選挙でも京都府選挙区から立候補し、立憲民主党新人の増原裕子を僅差で破り得票数2位で再選した[7]。


2020年1月、第28回党大会第1回中央委員会総会で幹部会副委員長と、新設のジェンダー平等委員会責任者に選出された[8]。


主張

日本国憲法第9条の改正に反対[9]。

憲法改正の発議の要件である衆参両院の「3分の2の賛成」を「過半数の賛成」に引き下げるための日本国憲法第96条の改正に反対[9]。

集団的自衛権の行使を禁じた内閣法制局の憲法解釈の見直しに反対[9]。

日本における一院制の導入に反対[9]。

沖縄県宜野湾市の普天間飛行場は「国外に移設すべき」としている[9]。

日本の核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としている[9]。

内閣総理大臣の靖国神社への参拝に反対[9]。

村山談話、河野談話の見直しに反対[9]。

原子力発電の外国への輸出に反対[9]。

死刑制度に反対[9]。

選択的夫婦別姓制度導入に「賛成」[10][11][12]。

同性婚について「賛成」[12]。

エピソード

高校へは首席で入学するが、実家から20km離れていたため下宿生活を開始。学業の傍ら、旅館でのアルバイトや実家の畑仕事を手伝い、学費や生活費を賄った[13]。

趣味は掃除、読書[14]



コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page