google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 仁比聡平君の政策/不祥事

国政政党を評価→国政政党の通信簿

衆院議員を評価→衆議院議員の通信簿

参院議員を評価→参議院議員の通信簿

他の議員を評価→その他議員の通信簿

ランキング  →国会議員ランキング



経歴

●仁比 聡平(にひ そうへい、1963年10月16日生)

●弁護士。日本共産党所属の参議院議員(3期)。福岡県弁護士会所属、北九州第一法律事務所所属、自由法曹団員。「市民オンブズマン北九州」事務局長。現在は福岡県福岡市在住。

●福岡県北九州市戸畑区生まれ。

●家族は妻、一女一男

●高校時代は吹奏楽に熱中


1982年 - 京都大学法学部入学。

1991年 - 司法試験合格。

1992年 - 京都大学法学部卒業[1]。

1994年 - 司法修習修了。

2000年 - 第42回衆議院議員総選挙、落選(福岡10区)。

2001年 - 第19回参議院議員通常選挙、落選(比例区)。

2003年 - 第43回衆議院議員総選挙、落選(福岡10区)。

2004年 - 第20回参議院議員通常選挙、初当選(比例区)。

2010年 - 第22回参議院議員通常選挙、落選(比例区)。党中央委員初選出。

2013年 - 第23回参議院議員通常選挙、再選(比例区)。3年ぶりに返り咲き、国政復帰。

2019年 - 第25回参議院議員通常選挙、落選(比例区)。

2022年 - 第26回参議院議員通常選挙、三選(比例区)。3年ぶりに返り咲き、国政復帰。


政策

●選択的夫婦別姓制度の導入に賛成。「民法の現状は国際人権規約の水準に照らして著しく不十分、「姓は憲法が保障する人格権であり、国連人権機関からも繰り返し日本への是正勧告が出ている」 と述べる。

活動

●2006年4月26日に東京・永田町の参議院議員会館で行われた「共謀罪に反対する超党派国会議員と市民の緊急院内集会」で呼びかけ人を務めた。

●仁比は2008年1月8日にマイク・ホンダが来日したとき、江田五月・神本美恵子・水岡俊一・紙智子と一緒にホンダが慰安婦問題に関して日本政府に公式な謝罪を要求するアメリカ合衆国下院121号決議の提出を主導し、下院で議決させたことに対し、謝意を表明した。これに対しホンダは「従軍慰安婦の問題で日本人に罪を認めさせるのは、とても難しい課題だが、みなさんとセイムなハート(同じ気持ち)だ」と応じた。

●2013年11月21日に出生届への記載事項から嫡出・非嫡出の別を削除する旨の戸籍法改正案を野党共同で参議院に提出した。

所属

死刑廃止を推進する議員連盟(幹事)

国際連帯税創設を求める議員連盟

共謀罪に反対する超党派国会議員と市民の集い(呼びかけ人)[9]

弁護活動

よみがえれ!有明海訴訟


ツイッター


管理人コメント

「七転び八起で長い間国会議員をやってますね。共産党議員は基本党の方針にそって動いていて政策も金太郎あめだから色がない。経歴をみると多分とても優秀な人なんだろうけど勿体ないです。」

0件のコメント

댓글


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page