google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 中西祐介君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール


(以下、ウキペディア引用)

中西 祐介(なかにし ゆうすけ、1979年7月12日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)、総務副大臣。


財務大臣政務官、自民党水産部会長、自民党参議院政策審議会副会長、参議院財政金融委員長などを歴任。



来歴

徳島県阿南市生まれ。阿南市立見能林小学校、阿南市立阿南中学校を経て徳島県立富岡西高等学校を卒業後、慶應義塾大学法学部政治学科に入学。卒業後、UFJ銀行に入社。2007年に政界を志し松下政経塾に第28期生として入塾する[1]。


参議院議員

2010年に卒塾。7月に第22回参議院議員通常選挙に徳島県選挙区から自民党公認で立候補し初当選。


2012年10月、自民党参議院政策審議会副会長就任(当時の会長は世耕弘成)。同年、参議院議院運営委員会委員[2]。


2013年3月、常任委員会の一つである、参議院内閣委員会理事に就任[2]。


2013年10月、参議院国会対策委員会副委員長に就任[2]。


2014年9月、参議院副幹事長並びに、自民党青年局長代理に就任[2]。


2015年7月24日、徳島県と高知県の参議院合同選挙区による徳島県・高知県選挙区を創設する公職選挙法改正案に反発し、参議院本会議採決前に退席し棄権した[3]。


2015年10月9日、財務大臣政務官(参議院の担当[注 1])に就任[2]。


2016年7月10日、第24回参議院議員通常選挙に合区された合同選挙区である徳島県・高知県選挙区から出馬し再選。


2016年8月、自民党水産部会長に就任[5]。


2019年10月4日、参議院財政金融委員長に就任[6]。


政策

憲法改正に賛成[7]。

選択的夫婦別姓制度導入について2010年の毎日新聞のアンケート調査では「反対」と回答していたが[7]、2016年の朝日新聞のアンケート調査では「どちらとも言えない」と回答している[8]。

原子力規制委員会の審査に合格した原子力発電所は運転を再開すべきだ[8]。

将来も原子力発電は電力源のひとつとして保つべきだ[8]。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[9]

神道政治連盟国会議員懇談会[10]

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会[10]

TPP交渉における国益を守り抜く会

政治資金問題

2016年、自身の政治団体や党支部などとの間でやりとりされた寄付などの政治資金収支報告書への記載漏れが指摘された[11]。



コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント

Comentarios


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事