google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 そのだ修光君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

園田 修光(そのだ しゅうこう、1957年3月13日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(1期)。衆議院議員(1期)、鹿児島県議会議員(2期)等を務めた。


来歴

鹿児島県鹿児島市生まれ[1]。鹿児島県立錦江湾高等学校、日本大学法学部卒業[1]。1987年、鹿児島県議会議員に当選し、1993年まで2期務めた。


1996年、第41回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で鹿児島2区から出馬し、長らく奄美地方で強固な地盤を築いていた自由連合代表の徳田虎雄を約3千票の僅差で破り、当選した。2000年の第42回衆議院議員総選挙では、鹿児島2区で前回下した徳田に1万票超の差をつけられ、比例復活もできず落選した。2001年より社会福祉法人旭生会理事長[1]。2003年の第43回衆議院議員総選挙にも鹿児島2区から自民党公認で出馬したが、再び徳田に敗れた。


2005年の第44回衆議院議員総選挙では、元職の園田に加え、元鹿児島県議の打越明司が自民党に公認を申請し、園田が公認を受けた。打越も無所属で鹿児島2区から出馬したが、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の闘病のため引退した徳田虎雄に代わり、長男の徳田毅が無所属(民主党推薦)で出馬し[2]、園田、打越のいずれも徳田に敗れた[3]。選挙戦中、鹿児島市内にある園田の後援会事務所の窓ガラスが何者かに割られる被害を受けた[4]。2006年に徳田毅が自民党に入党したため、2009年の第45回衆議院議員総選挙には出馬せず徳田を支援し、徳田は民主党公認で出馬した打越を下して再選(打越も比例復活)[5]。2012年の第46回衆議院議員総選挙にも出馬せず、鹿児島2区から自民党公認で出馬した徳田毅の選挙対策本部長を務めた[6][7]。同年12月28日、第23回参議院議員通常選挙における、比例区での自民党公認を受けた[8]。2013年7月の第23回参議院議員通常選挙では、かつて鹿児島2区の対立候補であった徳田虎雄が理事長を務め、徳田毅の支持母体でもある徳洲会の支援を受けた[9]が、支持が伸び悩み、落選した[10]。


2016年、第24回参議院議員通常選挙に再び自民党公認で比例区から出馬。自民党は比例区で19議席を獲得。園田が最後の19議席目に当選が確定し、16年ぶりとなる国政復帰を果たした[11]。


当選後は有隣会(谷垣グループ)に所属。為公会(麻生派)への合流を目指す佐藤勉らが谷垣グループを離脱し「天元会」を設立すると、谷垣グループに所属したまま参加した[12]。しかし、その後の合流・新派閥立ち上げには参加しなかった。


2019年10月、参議院厚生労働委員長に就任[13]。


政策・主張

日本国憲法第9条の改正、緊急事態条項の創設に賛成。9条は改正し、自衛隊の役割や限界を明記すべきとしている[14]。

高市早苗総務大臣の、政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に対する、電波停止に言及した発言は問題だとしている[14]。

原子力発電について、当面は必要だが、将来的には廃止すべきとしている[14]。

沖縄県宜野湾市の普天間飛行場は、名護市辺野古に移設すべきとしている[14]。

日本の核武装について、将来にわたって検討すべきでないとしている[14]。

受動喫煙防止を目的に飲食店などの建物内を原則禁煙とする改正健康増進法について、「原則としては飲食店の広さに関係なく屋内禁煙とし、喫煙専用室内でのみ喫煙を可能とすべき」とした上で、「喫煙専用室等の整備をすることが困難な経営規模の小さな既存飲食店については必要な経過措置を設けるべき」としている[15]。



コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page