google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員候補 高見知佳君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

プロフィール


(以下、ウキペディア引用)

高見 知佳(たかみ ちか、本名:高橋 房代[1]、1962年7月9日 - )は、日本の女優、歌手、タレント。愛媛県新居浜市出身。泉川小学校、泉川中学校卒業。嘉悦女子高等学校に入学。その後芸能活動に専念するために自主退学。



来歴・人物

小学校高学年から中学校にかけて、新居浜少年少女合唱団に所属。団のリーダー的存在として、ムードメーカーとして、団員や指導者たちからの信頼を得ていた。


1978年、中学生の時、今治市で収録されたラジオ番組ののど自慢に参加し、そこで25人に勝ち抜きスカウトされる[2]。上京後は田辺エージェンシーに所属し、1978年にコロムビアからアイドル歌手としてデビューを果たす。


本名ではその響きが“何となくおばさんくさい”ということから芸名を付けることになり、姓名判断で選んだいくつかの候補の中から本人が選んで決定した[1]。姓名判断によると高見知佳は「急には良くならないが徐々に運が開ける名前」という名前であるとのこと[1]。


当時出演していたアイアイゲームでは奔放なトークで人気となり、「日の丸」(女性の生理の隠語)などの回答や、「(当時所属していた)コロムビアレコードでは、私のレコード溶かして(同じレコード会社所属だった)河合奈保子ちゃんのレコード作ってる」などの発言も見られた。


アイドル歌手としてはヒット曲にあまり恵まれず、売り上げにつながらなかったものの、有線放送やバラエティ番組などではよく流されていた。


1984年2月に発売された「くちびるヌード」が、資生堂・春のキャンペーンCMソングに採用されたのを機に、同曲がヒット。フジテレビ『夜のヒットスタジオ』など当時の音楽番組でよく披露され、またTBS『ザ・ベストテン』には「今週のスポットライト」で、さらに日本テレビ『ザ・トップテン』には「もうすぐトップテン」で、それぞれ同番組へ初出演を果たした。


映画『蒲田行進曲』など、多数の映画やTVドラマ、舞台に出演している。土曜昼の生番組『TVグラフィティ』では、共演の藤村俊二と高見がVTRの前に「かっふん、かっふん、かっふん」と叫ぶ謎の言語(VTRの情報件数に応じて「かっふん」と言いながらマイクのスイッチである"カフ"を切った)が名物だった。


2001年7月20日、メキシコ系アメリカ人コーディネーター、マーク・エスパーザと結婚。


日本テレビの情報番組『追跡』(1988年4月4日 - 1994年3月25日)では、青島幸男と2人で司会を務め、青島が東京都知事選挙に出馬する直前まで番組は続いた。


また、芦屋雁之助主演のフジテレビ系ドラマ『花王名人劇場 裸の大将放浪記』では、八幡学園の職員(元生徒)で、山下清(芦屋雁之助)に想いを寄せる「よめこ」役を演じた。


かつて沖縄県読谷村に在住していた。そのせいか、地方での仕事が多い。元夫の経営する『オブリガード』というメキシコ料理の飲食店を手伝っていた。 最近では沖縄県の地元銀行やミネラルウォータ等のCMに出演していた。


2010年3月21日、NHKの「春“スタパ祭り2010”」の企画として、かつて『スタジオパークからこんにちは』で共に司会を務めた堀尾正明との10年ぶりのコンビでトークショーを開催した。


離婚後、子どもとともに、新居浜市に帰郷[3]。同市でラジオ番組へ出演しているほか、イベントにも登場している。


2022年1月19日、第26回参議院議員通常選挙愛媛県選挙区に無所属で出馬する意向を表明した。高見に出馬要請した立憲民主党の推薦を受ける[4]。


ディスコグラフィ

全て日本コロムビアからリリースされた。

シングル

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番

1 1978年

11月1日 A面 シンデレラ 橋本淳 筒美京平 船山基紀 PK-130

B面 雲のじゅうたん

2 1979年

2月1日 A面 シルエット PK-141

B面 ラヴ・ハンター

3 1979年

5月1日 A面 お嬢さんお手やわらかに PK-150

B面 サミー

4 1979年

8月1日 A面 ミスター・レイン 門谷憲二 西島三重子 萩田光雄 PK-165

B面 少しはわたしを好きでしたか

5 1979年

11月1日 A面 セザンヌの絵 松井忠重 PK-177

B面 しのび逢い 高見沢俊彦

6 1980年

2月1日 A面 ミスティ-・ブルー 竜真知子 馬飼野康二 PK-185

B面 イエスタデイズ・メロディー

7 1980年

7月1日 A面 誘惑の熱い砂 馬飼野康二 船山基紀 AK-665

B面 デイタイム・フラッパー 兵藤未来

8 1980年

10月1日 A面 ビコーズ・ビコーズ 竜真知子 馬飼野康二 萩田光雄 AK-716

B面 失恋ばなれ

9 1980年

11月1日 A面 心のシャイニング・スター 松井忠重 AK-735

B面 さよならギャルソン

10 1981年

3月1日 A面 ジャングル・ラブ 安井かずみ 加藤和彦 AH-25

B面 CALL ME TONIGHT

11 1981年

9月1日 A面 ボーイ・フレンド AH-114

B面 今夜がその時

12 1981年

11月1日 A面 ロマンティック・アドベンチャー 竜真知子 小杉保夫 戸塚修 AH-146

B面 ペーパー・ムーンに腰かけて 門谷憲二 西島三重子 若草恵

13 1982年

5月21日 A面 赤い涙 岡田冨美子 松宮恭子 AH-213

B面 ピエレット 松宮恭子

14 1983年

10月1日 A面 夏を選んで 秋元康 鈴木キサブロー 川村栄二 AH-377

B面 エトセトラ 竜真知子 鈴木茂 若草恵

15 1984年

2月1日 A面 くちびるヌード EPO 清水信之 AH-415

B面 あてのない待ちぼうけ

16 1984年

4月21日 A面 キャベツから恋が生まれれば 荒木とよひさ 大野克夫 菊池ひみこ AH-452

B面 Dancing doll・ミステリー

17 1984年

5月21日 A面 上海エトランゼ EPO 清水信之 AH-456

B面 月夜のワルツ

18 1984年

9月21日 A面 深夜劇場 松井五郎 長渕剛 船山基紀 AH-501

B面 悲しみよこんにちは

19 1985年

6月21日 A面 怒濤の恋愛 戸川純 矢野顕子 戸田誠司 AH-608

B面 満月の夜 君んちへ行ったよ[5] 山本みき子 太田裕美 中村哲

アルバム

オリジナル・アルバム

1. 「ファースト・デイト」(1979年3月25日/PX-7076)[6]

[表示]

2. 「ペーパー・ムーンに腰かけて」(1979年11月25日/PX-7096)[7]

[表示]

3. 「蜜の味〜A Taste Of 3rd〜」(1980年8月25日/AX-7272)[8]

[表示]

4. 「Rendez-Vous」(1984年4月1日/AB-7124)[9]