google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

元衆議院議員 屋良朝博君の政策/不祥事

国政政党を評価→国政政党の通信簿

衆院議員を評価→衆議院議員の通信簿

参院議員を評価→参議院議員の通信簿

他の議員を評価→その他議員の通信簿

内閣を評価   →岸田内閣の通信簿

中央官庁を評価→中央官庁の通信簿

ランキング  →国会議員ランキング

プロフィール


(以下、ウィキ引用)

○屋良 朝博(やら ともひろ、1962年8月22日 - )

○元新聞記者。沖縄タイムスの中部支社編集部長、編集委員、論説委員、社会部長歴任。立憲民主党所属の元衆議院議員(1期)。立憲民主党沖縄県連代表。

○沖縄県中頭郡北谷町出身。米軍基地の近くに生まれる。沖縄県立北谷高等学校、フィリピン大学経済学部卒業。沖縄タイムス社記者。編集委員、論説委員、社会部長を歴任。2007年からハワイ東西センター客員研究員。2012年フリージャーナリスト[5]。フィリピン留学中の1986年、ピープルパワー革命に遭遇し、ジャーナリストを志した。

○自由党~国民民主党~立憲民主党


○2019年(平成31年)4月21日に行われた選挙では辺野古移転反対を明確に明らかにし、オール沖縄や玉城の支持を受け無所属で立候補し、自民党公認の元参議院議員の島尻安伊子を破り、初当選した。


【政策】

○「アメリカ海兵隊の運用見直しによって普天間飛行場の即時運用停止は可能」と主張。

沖縄タイムスではワシントンでアメリカの政府や米軍の幹部に沖縄の米軍基地問題について取材した。部隊のローテーションや、佐世保基地から揚陸艦でアジア太平洋地域のパトロールに出る事実を挙げ、政府が沖縄に米軍基地を置く理由として主張する地理的優位性を虚偽と主張。


【不祥事】

○2019年の選挙告示後に配布した選挙公報、法定ビラ、公選はがきなどの経歴に書いてあった、ハワイ大学東西センター「客員研究員」とするところを、「客員教授」としていた。屋良は事務手続き上のミスと述べた。

○2021年2月、自身のフェイスブックにて沖繩が独立したらスッキリするという内容のものを投稿した


○記者時代のパワハラと不倫(以下、記事引用)

・屋良朝博議員はもともと沖縄タイムスの記者でした。

・2002年頃、屋良氏が編集部長で当時の部下と不倫していたようです。

・屋良氏は、昼食によく誘っていたが、だんだん夜の取材に同行させるようになった。『家に送るし、荷物持ちでもやって』と誘い出したそうだ。上司と部下の関係で、彼女も断わりづらかったのだろう」 ・上下関係を利用したパワハラは、不倫に発展した。

この部下の方と肉体関係を持ち、会社にバレて部下の方はすぐに退職されたそうです。

そしてこの不倫後、当時の奥さんとは離婚されているみたいです。

パワハラですし、ゲス不倫ですね。

○普天間基地の辺野古沖移設反対や、在日米軍の再編を掲げる屋良が米軍基地に関わる収入を得ていた!?という疑惑あり。

「2010年から2015年のあいだ、屋良氏は、北谷町内にある米軍軍人向けの物件を所有。賃料収入を得ていた」(県政関係者)  いまも北谷町にある3階建てのその賃貸住宅の前には、海兵隊員とその家族が住む。米軍関係者の所有を示す「Yナンバー」の車が停まっており、軒先には海兵隊のマークがあった。所有している会社(H社)は、沖縄市の屋良氏の自宅住所に登記されている。

【管理人コメント】

「パワハラ、不倫、基地反対を叫んでおきながら米軍関連の金を貰っている。そして沖縄独立…既に議員でないですが私利私欲のために議員をするのはアウト。」


国会議員の通信簿ホーム→ ホーム

国政政党を評価→国政政党の通信簿

衆院議員を評価→衆議院議員の通信簿

参院議員を評価→参議院議員の通信簿

他の議員を評価→その他議員の通信簿

内閣を評価   →岸田内閣の通信簿

中央官庁を評価→中央官庁の通信簿

ランキング  →国会議員ランキング

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page