google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

元参議院議員 立花孝志君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

プロフィール


(以下、ウキペディア引用)

立花 孝志(たちばな たかし、1967年8月15日 - )は、日本の政治家、YouTuber。「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」党首[1][2]。立花孝志ひとり放送局代表取締役。マツコ・デラックス被害者の会株式会社代表取締役社長[3]。渡邉エージェンシー所属タレント[4][5]。


NHK職員、パチプロ[6][7][8][9]、フリージャーナリストを経て政界入りし、千葉県船橋市議会議員(1期)、東京都葛飾区議会議員(1期)、参議院議員(1期)を務めた。



来歴

大阪府泉大津市出身(現住所は東京都葛飾区西新小岩1丁目[10])[11]。大阪府立信太高等学校卒業後、1986年4月、教師の勧めで日本放送協会(NHK)に入局し、和歌山放送局庶務部に配属される[7]。1991年7月、NHK大阪放送局経理部に異動[1]。1998年7月、NHK本部報道局スポーツ報道センター(企画・制作)に異動。2004年7月、NHK本部編成局(経理)に異動[12]。


2005年4月、週刊文春でNHKの不正経理を内部告発し[13][14]、7月に自身の不正経理で懲戒処分を受けNHKを依願退職する。その後フリージャーナリストとして活動[15]。 また、立花はNHK退職後8年間はパチプロで生計を立てていた[6]。


2012年9月7日、立花孝志ひとり放送局株式会社を設立し同名のホームページを開設した[16]。


政治活動


新小岩駅南口ロータリーにて(2017年11月10日撮影)

大阪で民主党(当時)の森山浩行衆議院議員のボランティアスタッフ[17][18]やみんなの党のサポーターなどを務めた[19]後、2013年6月、政治団体「NHKから国民を守る党」(設立時はNHK受信料不払い党、7月に党名変更)を設立し、初代代表に就任[1][2]。


2013年9月、大阪府摂津市議会議員選挙に立候補したが、落選[20]。


2014年2月、東京都町田市議会議員選挙に立候補したが、落選[21]。


2015年4月、千葉県船橋市議会議員選挙に立候補し、2622票で当選[22]。保守系・自民党系会派「研政会」に所属[23]。


2016年7月、船橋市議会議員を任期中に辞任して東京都知事選挙に立候補したが、落選[24]。NHKの政見放送で「NHKをぶっ壊す!」などとNHK批判を展開し、ネット界隈で話題となる[25]。


2017年1月、大阪府茨木市議会議員選挙、7月、東京都議会議員選挙(葛飾区選挙区)に立候補するも落選[26][27]。


2017年11月、東京都葛飾区議会議員選挙で、2954票で当選[28]。


2018年4月、埼玉県さいたま市に本社を置く芸能事務所「渡邉エージェンシー」と専属契約を交わしたことを発表する[4][5]。


2019年5月、大阪府堺市長選挙に党公認で立候補したが、落選(これに伴い葛飾区議会議員を失職)[29]。


2019年7月21日に行われた第25回参議院議員通常選挙に比例区から立候補し参議院議員に初当選。


2019年10月10日、参議院埼玉県選挙区の補欠選挙に立候補を届け出て、参議院議員を自動失職。


2020年4月、7月5日に行われる東京都知事選挙に出馬することを表明[30]。自らが代表となって新規に立ち上げた「ホリエモン新党」の公認(NHKから国民を守る党推薦)候補として立候補した。なお、同選挙には同党から立花を含め3人が立候補した。


国政政党の党首として

2019年7月21日投開票の第25回参議院議員通常選挙に比例区から立候補し当選した。同時に同党は政党要件を満たしたため、国政政党の党首となった。


同年10月8日、参議院議員を辞職(失職)し、同月10日に告示される予定の参議院埼玉県選挙区の補欠選挙に出馬する意向を表明した[31]。同月10日、立候補を届け出て、参議院議員を自動失職した[32]。参議院議員に当選してからわずか3か月足らずでの辞職であり、2025年までの任期(残り任期約6年)の参議院議員を辞職して2022年までの任期(残り任期約3年)の参議院議員の補欠選挙に出馬するというのも珍しい[33]。なお、この失職により、新人の浜田聡が繰り上げ当選した[34][35]。


10月27日の投開票の結果、前埼玉県知事の上田清司に敗れ落選した[36][37]。同月19日の会見で、同補欠選挙で落選した場合、11月10日に投開票が行われる海老名市長選挙に立候補する意向を示し[38]、落選の2日後正式に表明した[39]。投開票の結果、現職の内野優に敗れ落選した[40]。


11月12日、同月24日投開票の桜井市長選挙への立候補の意向を示した[41]。投開票の結果、現職の松井正剛に敗れ落選した。


落選後、12月8日投開票の小金井市長選挙への立候補の意向を示した[42]。投開票の結果、現職の西岡真一郎に敗れ落選した。


2020年1月31日、4月に行われる静岡4区補欠選挙に立候補の意向を示した[43]。しかし、後に撤回した。


5月26日、7月5日投開票の東京都知事選挙への立候補の意向を示した[44]。投開票の結果、現職の小池百合子に敗れ落選した。


2021年6月11日、自身のYouTubeにおいて新型コロナウィルスの症状が治まらないとして入院する事を明らかにした[45][46]。同月21日に退院報告をした際に「無事に(新型)コロナの入院から退院しまして、色々とご心配をおかけしました」と述べる一方、以前より述べていた「コロナは風邪である」という従来の主張についても「(新型)コロナに関してはいろいろな人が色々な価値観を持って考え方が違うと思うが、僕自身はやっぱりコロナは風邪だな」とし、「風邪はそれだけ怖い病気だが、若い人にはまったくもって大したことではない」とYouTubeで述べた[47]。


動画配信

YouTubeなどを通じてNHK問題について解説しており[48]、NHK受信料を払わない方法などを伝えていた[49]。


動画の始めと最後で、拳を握った右腕を振りかぶりながら「NHKをぶっ壊す!」という決めセリフを言うのがお決まりとなっている[50][51]。


来歴

2010年に「尖閣ビデオ流出事件」に大きな衝撃を受けてYouTubeを始めようと決意する[52]。2011年11月にはインターネットテレビ「立花孝志ひとり放送局」の放送を開始した[53]。11月16日、YouTubeチャンネルを開設[54]。


2012年から立花孝志ひとり放送局の株主を募集をしながら、増資をせず株主総会も一度もなければ配当もない詐欺行為の疑惑が週刊文春により報道された[55]。立花は会社の資金でなく自身の貸付行為として処理したことを同誌のインタビューで認めている[55]。 2019年7月21日の参院選投開票日、選挙特番に出演した立花は、今回の参院選における資金と候補者は「全部YouTubeで集めた」と話した[56]。


マツコ・デラックスへの抗議活動

マツコ・デラックスが2019年7月29日の「5時に夢中!」においてNHKから国民を守る党に投票した有権者を批判した。8月12日、立花はこれに抗議するために、麹町にあるTOKYO MXの1階スタジオの前で約1時間にわたり、動画の生配信を行いながらマツコとTOKYO MXを批判した[57][58][59]。翌日の記者会見では、マツコの発言へ抗議するためとして、マツコがレギュラー出演する月曜日の放送時間に合わせてTOKYO MXで“出待ち”を続けることを予告した[60][61]。日本維新の会代表で大阪市長の松井一郎や漫画家・評論家の小林よしのり、お笑いタレントの太田光[注 1]、YouTuberのシバター[注 2]らは立花の行動を非難した[63][64][65][66](これに対し、立花も太田やシバターなどに強く反論している)。その上数日後には自身のYouTube上で「5時に夢中!」のスポンサー(TOKYO MXのみ)である崎陽軒の商品の不買運動を呼びかけたが、後日この騒動に関係ない崎陽軒を巻き込んだことに謝罪した[67]。


「虐殺」発言

2019年9月、元吹田市議会議員の神谷宗幣との対談[要出典]動画の中で「世界平和をするためには、人口コントロールだと思っている。馬鹿な国ほど子どもを産むから。馬鹿な民族というかね」と発言し、「アホみたいに子どもを産む民族はとりあえず虐殺しよう」「ある程度賢い人だけを生かしといて、後は虐殺して」と、ジェノサイド(集団虐殺)を想起させるかのような発言をおこなっていたことが報じられた[68][69]。また、別の動画では「差別やいじめは神様が作った摂理」「自然でいいんじゃないか。神様がつくった自然だ。人が人を殺したりすることも神がつくったシステムだから」といった発言もあったと報じられた[69][70]。


立花は上記動画にて(集団虐殺を)「やる気はないけど」とも述べており[68][69]、これらの発言が報道された後、動画にて「(集団虐殺について)そんなつもりは更々ない、そんな事しようとする人には大反対」と全否定している[71]。この発言に対し、社民党幹事長の吉川元は「人種差別の正当化であり断じて容認できない。即刻撤回・謝罪し、議員を辞職すべきだ」として立花の議員辞職を求める談話を発表した[72][73]。


政策・主張

NHK問題

NHKのスクランブル放送化[74]。緊急的なものや教育や福祉の番組についてはスクランブルをかける必要はないとしている[75]。

NHKのスクランブル放送化を達成したら、NHKから国民を守る党を解党し、政治家を引退するとしている[76][77]。