google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
 

​日本国内のコロナ政策分析(毎週更新)

 国民の約65%が3回目のワクチン接種を終え、効果や安全性を検証しないまま4回目のワクチン接種が始まっています。接種を促すパンフレットなどには恣意的で不正や虚偽まがいの情報が散見され、利権の維持・保身しか考えていないようにも見受けられます。
 接種を促進したいのであれば日本人のワクチン接種後の効果を数値で発表することが最も効果的で正しいやり方のはずですが、特に今年9月20日から国内接種が開始されている対オミクロン株用新ワクチンは人間に対する効果や、長期的副作用の検証は
ほとんどなされていません。

 そんな基本的なことも検証・周知していない状況で、製薬会社から多額のお金をもらいながら「ワクチンは全ての年代でリスクをベネフィットが上回る」など豪語する医者や、医療業界の組織票や献金をあてにしている政治家の言葉は全く信用に値しないと思いませんか?

​ 私は医者でも医療関係者でもありませんから、定性的な話はできません。
 このページは国・県・市が発表する資料やデータを確認して分析するものです。

 既に2022年9月初めに発表を止めてしまいましたが、
 浜松市や厚労省のデータから分かっていることは、「ワクチンを接種するほど発症率が増大し免疫不全を起こすこと」「接種以降数か月で未接種より感染しやすくなること」です。もちろん報道にあるとおり、中等症率や重症率を下げる効果や3回目接種以降数か月間は感染率が低下することも確認できます。
 
 最近のメディアや医者、厚労省の発表ではコロナワクチン効果捏造疑惑が散見され基本的に不都合な事は一切いいません。このため、実際に接種する国民はデメリット部分をよく見ておく必要があります。本ページではコロナワクチン分析を主に載せていきます。

1
2